海外の反応「BANANA FISH」6話「マイ・ロスト・シティー」

海外の反応「BANANA FISH」6話「マイ・ロスト・シティー」

アニメ「BANANA FISH」第6話「マイ・ロスト・シティー」に対する海外の反応を翻訳してまとめました。

海外ファン

アッシュとエイジがただ美しすぎるから男の「絆」ではなく、それが「愛」に見えるだけ。色気あふれる男二人だから「エロス」がダダ漏れしてしまうだけ。

前回、アニメ「BANANA FISH」第5話「死より朝へ」に対する海外の反応はこちら。

参考:1. 2. 3. 4 . SNSなど

第6話予告動画

TVアニメ「BANANA FISH」予告| #06「マイ・ロスト・シティー My Lost City」

アニメ「BANANA FISH」第6話「マイ・ロスト・シティー」に対する外国人の評価と感想

アッシュの生まれ故郷:ケープコッド

※アッシュの生まれ故郷は、ニューヨークから北東へ約500km離れたところにあるマサチューセッツ州のケープコッド半島です。

ここは夏の避暑地として有名な地帯でもあります。ニューヨークやボストン等の都会からも近い事からいわゆる上流階級の人々が別荘を構えており、ケネディ一家の別荘がある事でも知られています。


アッシュ:うっせえな、もう!

背景美術が美しいね。古き良きアメリカの田舎がよく描けていると思う。

道沿いにずらりと立ち並ぶ電信柱が「十字架」に見えるのは狙ってのことかな。

手前の大きな二本の十字架がもうすでに亡くなってしまったスキップとグリフィンの墓標。奥へと続く無数の十字架はこれから死んでいく者たちの墓標。

しかしさらに奥左手には小さいけど灯台が立っているのが見えるかな。

そう。彼らを待ち受けているのは死という「絶望」だけではない。彼らには未来を照らす「希望」の光だってあるんだ。

ケープコッドで育ったアメリカ人としては不満もあるけどね。

ケープコッドにはこんな青々とした緑あふれる丘なんてないから。これじゃあ、アメリカ中西部プレーリー地帯によくある田舎の風景だよ。ケープコッドっていうのは海に突き出た半島なんだから、もっと乾いた砂浜が広がってるところなんだ。

ただ桟橋に係留されたヨットとか灯台だとかはそれっぽくて良かったと思う。

アッシュの父:どの面下げて戻ってきやがった。このあばずれが

実の息子に向かって「あばずれ」(whore)はないでしょ!息子を男娼呼ばわりする理由って?

マックス:さっきから何だ!それが息子に言うセリフか?

よくぞ言い返してくれた!マックス! アッシュの父:何だコイツは?お前の情婦か?俺の息子と寝るのは構わんが、ちゃんと金を払えよ

今シーズンのワーストダディーは、コイツで決まりだな!

夏アニメで今年のワーストママとワーストパパは決まったようだね。

ワーストパパはアッシュの父親でしょ。で、ワーストママは「進撃の巨人」のヒストリアの母親。この女はアッシュの父に負けず劣らずのひどいセリフ「コイツを殺す勇気が私にあれば」を娘に言い放っているからね。

アッシュ:あんたは優しいね。あんたみたいな人がなんであいつといるのか不思議だよ(I don't get why such a nice person like you stays with him.)
ジェニファー:お願いよ。そんなふうに言わないで


なんて健気で優しそうな女性なんだと思った途端に死んでしまうジェニファー・・・

釘宮理恵さんのボイスだと気が付いて喜んで、しかもか弱い主婦役なんて珍しいなと思ったら、逝っちゃうんだもの・・・

さよなら。ジェニファー。

アッシュは死神なの?

アッシュが大事に、そしてアッシュを大事に思う人間たちはみんな死ぬ運命にある。

この先の展開が怖くて見てられないよ・・・

ショーター:何だよ、ネズミくらいで!びっくりするじゃねえか!(It's just a rat, damn it. Don't scare me like that.)

女子じゃないから分からないけど、ナヨナヨしたエイジの姿を見て女性視聴者は喜んでいるんだろうか?

ネズミに驚いてショーターに抱きつくなんて、まさに女子が嫌う「くそぶりっ子女」の典型みたいじゃないか。個人的にはやりすぎで狙いすぎだと思ってしまう。

>>8
誤解してるようだけど、アニメオリジナルの改編じゃないよ。原作に忠実に表現した結果がこれ。 原作の日本語「KYAAH」は、女性の叫び声を表す間投詞(interjection)だから声優さんの演技も誇張じゃないと思う。

アニメでは省かれてたけど、次のコマでショーターがまさに君が不満に思ったことを代弁するかのようにしっかりとツッコミを入れてくれてるんだけどね。 ショーター:女みたいな声を出しやがって!びっくりすんじゃねえか!!

だから原作ではそこまで違和感のある描写には見えなかった。

>>8
俺は平気だよ。だって俺の中ではエイジは可愛い女の子設定だから。ほら、よくある胸にサラシを巻いた男装女子ってやつ。

男同士がフィジカルにいちゃつくのが苦手な人は脳内でエイジを女子に変換するか、見るのを止めることをオススメする(笑)

アッシュ:目ぼしい情報はねえな

田舎町だから意識しなかったけど、スマホを出されると改めて設定が現代に変更されたことを思い出す(笑)

>>11
iPhone Xかな?

画面上部のノッチとか2018年のトレンドを取り入れてていいね。俺の携帯よりも高価そうなのがムカつくぜ!

故郷:二日目の朝

せめて空瓶にして!酒好きとしては勿体なさすぎて胸が痛んだぞ(笑)さてはオヤジの店から盗んできたな!

気になるな~。
目標物とフロントサイトとリアサイトが一直線に重なって見える位置(目の高さ)に拳銃を構えなくては。 と思ったら、エイジのところではちゃんとサイトと目の高さがあってるな。

つまりこれは正確な銃描写をしてまでアッシュの美しい翡翠色の瞳を隠したくないという制作サイドの意志の現れなのかもしれない(笑)

アッシュ:もっとしっかりとグリップを支えて

朝っぱらからおっ始めるかと思ってしまった。

※Hold the grip tighter.
日本語のセリフ「もっとしっかりとグリップを支えて」の英訳が「Hold the grip tigther」となっており、意図してかどうかはわかりませんが、日本語よりもエロい表現になっています。

というのも英語「Hold the grip tighter」を直訳すると「もっとしっかりとグリップを握って(hold)」となるからです。

>>14
真面目な話、エイジの声優・野島健児さんは「受け」(uke)感を狙いすぎて演技がちょっと過剰になっていると思う。全体的に声が弱々しいんだよね。 服装も気に入らないな。
無地の黒シャツにフード付きのシンプルなジャケットじゃ駄目なのかい?80年代っぽくて古臭い?

※「受け」と「攻め」(成人向けの解説になります)
一般に「受け」といえば、「笑いを取る」や「人気者になろうとする」という意味になりますが、ボーイズラズの文脈では独特の解釈になります。

BLにおける「受け」とは、行為の際に相手のモノや指などをお尻の洞窟に受け入れる側を指します。

また反対に「攻め」とは、挿入する側、つまり攻め手を指します。

攻め(アッシュ)✕ 受け(エイジ)というような関係性にとらえているようです。

>>15
周りの声優陣が役にハマっているから余計にそう感じてしまうのかも。

内田さんは生意気なアッシュの声にぴったりだし(ただ時々イライラする事もあるけど(笑))、何よりマックス役の平田さんだっているからね。初登場時は軽い感じで違和感があったけど、今では頼りがいのあるナイスガイで大好き!

所構わず誰彼構わず怒り散らすアッシュもエイジだけは例外。エイジと二人っきりのときだけアッシュは落ち着くことができる。本心をさらけ出し思いやりを見せることができる。

イベ:俺たちの国では自分の身を守るために銃を持つ習慣は無いんだ

銃社会アメリカに困惑する外国人ってのは、現代だけじゃなく80年代でも変わらずか・・・

故郷:夕暮れ時から夜にかけて

酪農新聞ケープコッド???(dairy)

狙ってやってるのか、素で英語を間違えているのかよく分からないな(笑)

※英語「dairy」
日本語「日刊」という意味の正しい英語は「daily」です。英語「dairy」は「酪農」という意味になります。カタカナで書くとどちらも「デイリー」となりますが、英語では"L"と"R"の違いで意味がまったく変わってきます。

新聞の片面に見出し付き(Check out this cute bird!)で写っているこの鳥って、冒頭に出てたね。

アッシュの父:何か飲むかい?あんたたち

アメリカ人としては、アニメに出てきた英語が気にならざるを得ない。

一面のトップの見出し:

駐車場でパニック:あなたの車は故障してませんか?(Panic in the parking lot: Is your car working properly?)

これはまさにアッシュたちが乗ってきた車がメンテナンスを怠っていたことを皮肉ってるね。バッテリー切れには要注意ってことだ。

アッシュの父:何があったか一目で分かったさ

育児放棄した腰抜け野郎!

アメリカ人の男なら自分の息子がヘンタイに乱暴されたら、警察に届けるよりも先にやらなくちゃならないことがあるだろ!

その変態野郎の頭を銃で吹っ飛ばすことだよ!

その地元の名士とやらを親父がさっさと殺していれば、何度も犯され子供心に深いトラウマを背負うことも、ましてや幼いアッシュの手で引き金を引かずに済んでいたものを。

全部このオヤジのせいでアッシュの人生は狂ってしまったんだ!

いくら70,80年代のアメリカとはいえ、こんなことってあるか?

確かにアメリカでも昔は父親が息子に愛情ある言葉を掛けるのをためらう風潮はあったけど、それにしても息子とこんな接し方しかできないのは異常だよ。

さらに息子がレイプされたのに何もせず(警察には相談したが)、その後もその男にレイプされるがままにさせるなんてありえない!

警察が動かなかったとしても、親として何か他にできることがあっただろうに。引っ越すとか、個人的に制裁を下すだとかさあ。

親が守ってくれないと悟ったアッシュは、子どもながらに復讐の機会を虎視眈々と狙っていたのかもしれない。だからあえてレイプ魔の元に通い機を伺っていたと。

これってまんま刑務所のくだりと一緒だね。一度はやらせたけど二度目はしっかりと相手のバナナをフォークで突き刺して報復した。

>>23
刑務所と一緒の状況とは言えないのでは、さすがに。

それでは子供の頃のアッシュは自ら望んで打算的にその変態にレイプされに行ったことになるじゃないか。そんなのってあるか?

妻に出て行かれて、その忘れ形見である息子アッシュを憎んでいた父親。それに気が付いていたアッシュは親にも誰にも助けを求められる状況ではなかった。

だから仕方なく心を殺しながら相手のされるがままになっていたんだと思う。そしてたまたま銃が近くにあって衝動的に相手を撃ってしまったのでは?

ただどちらにせよ、この時点ですでにアッシュの心は凍りついて死んでしまっていたのかもしれない。

アッシュ:死ぬなよ!くそオヤジ!

こんなクズみたいな父親でも最後のシーンからアッシュが父親を慕っていたことが伝わってきたから余計に辛いよ。あいつは死んで当然の豚野郎だったけど、アッシュのためにも生きていてほしかった・・・

それとあのくそオヤジ。自分の妻が目の前で撃ち殺されたというのにまったく悲しんだり、動揺した素振りを一瞬たりとも見せなかったからね。

こんな奴は死んで当然だ!(He absolutely deserved it!)

男の子でさえ美しいというだけでこれだけの性被害に遭うんだとしたら、美しい女の子は一体どれだけ日常的に身の危険に晒されながら生きているんだろうね。

一人の娘を持つ親の身としてはとても怖いし不安に思う。考えたくもないけど、もし自分の娘がアッシュと同じような被害に遭ってしまったら、自分を抑えて冷静な行動が取れるか自信がない。

ショーターがナイフで首を切るシーンには思わず仰け反ってしまった。ここのところずっと可愛いショーターばかり見てきたせいか、実は手荒なことも平気でするギャングのリーダーだったことを忘れていたみたいだ。

王龍:それではユエルンをお貸ししましょう

リー・ユエルン、がとうとうやって来るぞーーー!

日本の5ちゃんねるで仕入れてきたキャラクター相関図に英訳を付けてみた。

ネタバレ

[collapse]

>>30
アッシュとパパディノが「ライバル」(Rivals)はないだろう(笑)はい、やり直し!

第6話全体的な感想と雑感

レイプや性的虐待がただのプロット上の道具(plot device)あるいは受け手にショックを与えるためだけに描かれていると批判する人もいるけど、的外れな批判だと思うな。この作品はそうした重いテーマを真剣に扱っているから。

何より原作者の吉田秋生さん自身がセクハラ被害を受けたことがあると告白しているし、そうした自身の経験を元にして、性的被害者がその被害を克服していく過程を丁寧に描いていたと思う。

>>32
私が原作漫画を読んで唯一不満だったところは、アッシュが性的暴行に遭うその描写の多さ。もっと控え目に描いていたとしてもその悲惨さは十分に読者に伝わっただろうに。

そして、実の息子を男娼扱いした親父に対して、意外と寛容な人が多いところも納得がいかない。あいつがしたことは決して許されるようなことじゃない。

父親ジムと息子アッシュとの親子関係に矛盾が生じていると思う。

アッシュが幼い頃に売春婦の真似事をさせられていたことは大変に痛ましいことだけど、ストーリ上の設定としては納得できる展開。

だけど自分の息子を男娼呼ばわりし、勘当同然の扱いをしながら、一方では息子のことを本当は愛していましたってどう考えても無理があるでしょ。

こんなお涙ちょうだいの演出をされたってこれっぽっちも感動しないし、それならそもそもどうして息子がレイプ被害に遭っていたの見て見ぬふりをするような父親らしからぬ態度をとっていたのだろうか?色々と辻褄が合っていない。

こんな理屈の通らないシナリオはこれっきりにしてほしいな。でないと物語世界に入り込むことに集中できなくなってしまうよ。

>>33
同意。

レイプ描写の多さだけでなく、その描き方にも問題があったと思う。

バナナフィッシュでは同性愛と幼児性愛がまるで何かしら関連があるかのように描いているところとか、アッシュや周りの人間に刑務所で性的暴行を受けてもそれをまるで茶化すかのような言動を吐かせるとか・・・

パパディノがとんでもないヘンタイホモ野郎ということは十分に伝わってきてるんだけど、マフィアに命を狙われる恐怖感がいまいち伝わってこない。

死人ももたくさん出ているというのに。不思議だ。

「91Days」や「バッカーノ!」に比べると、マフィアやギャングの不条理な怖さが弱いね。

次回第7話にブロンド女キャラ登場か!だけど今回のジェニファーみたいにすぐに死んでしまう予感がするぜ・・・

自衛のためにも新キャラに感情移入するのは控えないとな。

今だに誤解している人がいるけど、アッシュはゲイじゃない。あくまでアッシュとエイジは男の友情で繋がっているの。

ただ二人が美しすぎるが故に男同士の「絆」ではなく「愛」に見えるだけ。そして色気溢れる男二人だから「エロス」がダダ漏れしてしまうだけなの。

>>38
そうそう。それに作者自身がアッシュはゲイじゃないってインタビューで答えているからね。

吉田先生!こんなアッシュを描いておいて、ゲイじゃないよはないよ!

>>40
美しいな~萩尾望都にも負けず劣らずだね。

どうしてみんなそこに拘るんだろうか?アッシュの性的志向がどうであれ、目麗しい男二人の心と心が触れ合う姿を堪能すればいいだけなのに。

 

***
以上となります。











60
コメント
※コメントが反映されないときは、ブラウザのキャッシュをクリアしてみて下さい。
コメントルール

  通知システム  
新しい順 古い順 評価の高い順
通知を受け取る
名無しのファントムさん

翻訳や注釈が丁寧ですばらしい
乙です

名無しのファントムさん

ま〜BLっぽい描写があったとしても物語の中で「出来てない」からBLではないよね。
ファンサービスの域を出ないというか。
この頃はまだBLの専門レーベルがなかったが需要はあったので、そういった読者に一般紙が応えていた側面もある。

しかしレイプ被害者が被害を訴えても信じてもらえなかったり「お前が悪い」と言われる事は哀しいけどままある事らしい
まともに向き合うと大変だからなかった事にしたいんだろうな

名無しのファントムさん

まあ、昔の作品だとそういうの顕著だね。
手塚治虫とかも、フィルタを変えて読まないと。
レイプ描写の被害者(おまえ)が悪い的な切れ方すげーから・・・

名無しのファントムさん

往年のBL雑誌「JUNE」が出て来たからだよね、腐向けジャンルが確立されたの。’90年代くらいかな。それ以前のBanana Fishとか日出処の天子なんかは、ギリギリ少女マンガで表現できる描写だったんだろうなと。
そういう意味では、これまで名作なのにBL気味で埋もれてた漫画も今後はアニメ化を期待できるかも。

名無しのファントムさん

今回のエピソードは父親のグリフへの思いが二人の関係の修復に繋がるんだけどね
その辺の描写ちゃんとやって欲しかったな
英二にグリフが重なる感じも全然無い

因みにアッシュがされた件は相手が退役軍人だったせいで、父親の訴えが権力に握り潰された形になってる
だからこそ金を取る事ぐらいしか反抗する手立てが無かった

名無しのファントムさん

>>だからこそ金を取る事ぐらいしか反抗する手立てが無かった

いやいやいや~~そんなわけない 
この親父は息子を守ってやる気ゼロだし、育児放棄の人格障害でしょ!! 
ありえないわ~~最後のアッシュとの愛情の交換みたいなのもリアリティなし。 
せめて「金をもらえ」のセリフだけでも変えてもらえればよかったのに・・・

名無しのファントムさん

じゃあなに?
殺すの?
どんな理由があろうと普通の人は人を殺したりしないんだよ
アッシュが殺したのだって心情的には同情するけど、許される事ではない
そこで行動してしまったアッシュは間違いなくギャングだってことだよ

名無しのファントムさん

なんじゃそりゃ・・・

名無しのファントムさん

正当防衛を殺人ととらえるあたりお花畑なのを露呈してる。
しかも相手は7歳の幼児。正悪の判断すら出来ない子供で、もし本来の殺人だったとして逮捕はされないっていうのにさ。

名無しのファントムさん

不器用な人なんだよ
嫌がる息子を警察に連れてって証言させたのに握りつぶされて侮辱されて心が折れちゃったんだろ
無力感と罪悪感から息子に辛くあたってしまったが、執拗に出て行け!と言ってたのはこんな町からは逃げてほしいという思いからだろうし

名無しのファントムさん

何て言ったらいいのか分からないけど、親って昔は殆ど非難されなかった
こうでなければならないとか言われないし、親を悪く言う子は親不孝と罵られるし、
アメリカは知らないけど、昔の戦後の日本の親は殆ど放任だった
仕事が忙しいせいで、
それでも非難されないし、今みたいに親の責任が言われていなかったから、そういう親を見てきた世代だと一応分かるんだが、
勿論今の価値観では非難されるのも分かるが

名無しのファントムさん

>昔の戦後の日本の親は殆ど放任だった

いや戦前からそうだけど日本は子供の為に権力者と戦う親はほとんどいないよ
うちの親父は戦中の人で、昔の親は医者や先生を神様と同じように見てて、
むしろ「うちの馬鹿息子がご迷惑をかけました」と子供を悪いと思ってた
子供に耐えろという親を見て、それが正しいと思う団塊の世代も多いのがそれ
日大のアメフトコーチを訴えたのも関西学院大や学生で、選手の親は黙ってた
それは戦後関係無しに日本では根付いていると思う

名無しのファントムさん

だよねぇ 普通にドクズとしか思えない
擁護できる要素がない 

名無しのファントムさん

BLじゃなくても男性同士の接触過多なイラストを描く少女漫画家は結構いるからなー清水玲子とか由貴香織里とかね
アッシュは性的嗜好はストレートだから女の子好きになってるし
自分もアッシュの父親のことはイマイチ分からんかったな
米国で実際に息子をレイプされた父親が犯人を殺害なんてニュースがあったし
まあ警察がなんとかしてくれない以上、住人としては商売もあるから強く出れなかったのかとも考えられるけどさ

名無しのファントムさん

>まさに女子が嫌う「くそぶりっ子女」の典型みたいじゃないか。

確か欧米だと日本の可愛い女の子のしぐさが「男に媚びへつらう」に
見えるんだっけ。異世界魔王でアリシアの手の指を合わせるしぐさにも
文句を言っていたから、あっちだと女らしく振舞うのが嫌われるのかな。

名無しのファントムさん

>萩尾望都にも負けず劣らずだね。
いやA-A’やマージナルのころの萩尾先生に勝てる人はいないよ
残酷な神のころは松潤みたいな眉くっきりの美少年描いてて違和感あったけど

名無しのファントムさん

そう?もち萩尾望都はすてきな絵柄だけど、佐藤史生とか波津彬子とかも綺麗だったと思うよ。しかもあの人達それほどタッチが変わらないというすご腕だし。あの頃の漫画家さん達は絵画的で力量があってとても個性的だったから、勝つか否かで比べるのはおかしいけど。

名無しのファントムさん

ほんと、レイプされた7歳息子に対して、「黙って好きにさせろ、その代り金をもらえ」なんてさ・・・・・・。このセリフ、改変してもらえないかなーと思ってたけど、そのまんまだった・・・・。親父もアッシュを虐待していたのと同じだよね。

名無しのファントムさん

改変したらしたで原作ファンからバッシングだろうよ
原作通りで正解

名無しのファントムさん

虐待で同意・・・
まあでも、そういう事件て古今東西あって、しかも親が見て見ぬふりしたり強要したりも実際あるからな・・・それで親子間の愛情がないわけでもないってのがやりきれん。
寛容すぎて物語のスッキリ感はないけど、完全に悪人にも善人にもふりきれないこと自体は、大人向けドラマとしてあり。
現実の根深さや延長線上でひっかかるかれこそ取り沙汰する価値があると思う。

名無しのファントムさん

英二にノジケンはハマリ役だと思うんだけどなぁ

名無しのファントムさん

ネズミが出てきゃーっていうのはありふれた表現だけど、3ケ月くらい前の事だけど、台所の普段使っていない引き出しを開けたらばかでかいくまねずみがいたっていうのを実際経験したらそりゃあーたもうですよ。(全然田舎じゃないです)

名無しのファントムさん

家にネズミ出た時は父親の方が飛び上がって母親にしがみついてたな
男がネズミを怖がってはいけないってのは偏見だと思う

名無しのファントムさん

確かに男も女も関係ねーわな、
なんつーか英二が怖がるところ女性視聴者はああいう描写に目くじら立てる男よか見てて
楽しいうえ親近感湧くんじゃねーかな、よー知らんけど
だからショータの「女みたいな声出しやがって」は削られてよかったと言ってる人がいたのかもなぁ…

名無しのファントムさん

ネズミでなくて、Gを見たら母はその後の繁殖力を見据えてか、すばやい動きで丸めた新聞紙で瞬殺。弟はひきつった顔で黙ってみてる。私はこっちにこないかばかり気にする。父はポケ~っとしてる。

ああいう“普段見たくない生き物”に遭遇すると、男だろうが女だろうが奇声をあげるorびびって無言になると思う。

海外の人は(特に男性)そういう感じではなめられるのかな?
「お前、お嬢ちゃんかよ(笑)」とかって。

名無しのファントムさん

親父が大分ヘイト喰らってるがアッシュと再会して
「お前がたらしこんだのか?」の辺りのセリフが違ってれば
もっとマシだったんじゃないかと思ってる、
考えてみればあの言葉を不器用親父の照れ隠し(?)っぽくなってるのはイカンよな、
元はアッシュ被害者で止むを得ず取るようになった手段やぞ

名無しのファントムさん

というかああいう息子にどう接して良いか分からんでしょ、客観的に見りゃ酷い親父にしか見えないけど
家出して男娼やってた息子が外人含む数名の男をぞろぞろ連れて帰って来たって構図を父親の視点で見たらどう接するべきか、正直私には答えが出せないね

名無しのファントムさん

確かにマフィアしょぼいすぎるよな。実物はもっと残虐だろう

名無しのファントムさん

アッシュを殺しちゃいけないっていう縛りプレイだから…うっかり顔に傷付けたらボスにキレられそうだし

名無しのファントムさん

確かに。
でも、容赦なくジェニファーを殺すあたりとか、それらしい残虐性はでてる。理不尽な死というか、ストーリー上、意味を持たない死っていうのがリアル。
ちなみに、漫画ではジェニファーは服を破かれブラ丸出しだった。

名無しのファントムさん

>次回第7話にブロンド女キャラ登場か!

この人がマックスの奥さんか?

名無しのファントムさん

アニメにここまで理路整然と分析されてもね。
ケープ・コッドの風景がどうのっていうのだって、あの草原(畑?)はまだケープコッドには着いてない途中のエリアだろうに。
でもアッシュの父親感は同意。原作読んでた昔からまったく納得できなかった。たとえ漫画ゆえの過剰な拒否表現であったとしても、あれじゃアッシュが可哀想すぎる。

名無しのファントムさん

それでも気候的に、あんなみずみずしい緑の田園ってのはあり得ない、もっとカラッとしてる。あれじゃー日本の田舎道だよw

名無しのファントムさん

NYからケープコッド行くならコネチカット通るはず。あそこは一年を通して温暖湿潤気候で乾いてなんぞいないよ。

名無しのファントムさん

遠景に灯台が描かれてるからすでにケープコッドに入っていると解釈したんじゃないかな。

ケープコッドは灯台で有名な港町でもあるから。

名無しのファントムさん

後半のロス行きと間違えてる?それならカラッとしてるはずだけど。

名無しのファントムさん

いやいや道中だけじゃなくてケープコッドのシーンも緑が青々としてんじゃん

名無しのファントムさん

>吉田先生!こんなアッシュを描いておいて、ゲイじゃないよはないよ!

私もイラスト集見た時まさににそう思ったよ。あっちの方がもっとエロいw

名無しのファントムさん

吉田先生がいうには、アッシュは体育会系おネエらしいよ。

名無しのファントムさん

ああ、ゼミの打ち上げとかでノリで女装しちゃうタイプね。なんか分かる~w

名無しのファントムさん

昔読んだ印象では、寂れた田舎町だったけど、ケネディ一家が別荘構えるような所だと随分現実と違うんだな。それにしても、母親に恵まれないだけじゃなく、親父さん元々頑固者で素行不良だったんだな。退役軍人で顔役みたいな人間とじゃ、警察の信頼度も違うだろう…日本だとここまで想像つくけど、アメリカや海外はそうじゃないのか。離婚再婚も当たり前だし。この状況は愛情とか憎しみとかの問題じゃないと思うし。余計に現実の方が怖い。

名無しのファントムさん

ストーリーに納得行かない、て人は原作読むと良いかも
アニメは色々飛ばしてるからね
アニメ見た後原作読むと「あーそういうことだったのか」て所が結構ある

名無しのファントムさん

それだとアニメ化した意味ないでしょうが。

名無しのファントムさん

>自分の息子を男娼呼ばわりし、勘当同然の扱いをしながら、
>一方では息子のことを本当は愛していましたってどう考えても
>無理があるでしょ。

うーん・・・外国人には天邪鬼やツンデレは理解できないかもな。
それとあれは父親の中で封印していた「血を分けた息子」という
感情が湧き上がり、ジェニファーの次にアッシュも殺されてしまったら
嫌だということから庇ったと思う。そもそもアッシュの親父さんが
冷たくなったのは幼いアッシュが銃で名士を殺してしまったことだろう。

他のアニメに例えると、アッシュはエヴァのミサトに近いと思う。
ミサトは研究に没頭して家族を蔑ろにする父親に反発し、グレた。
ところが嫌いだった父親はセカンドインパクトの際にはミサトを
退避カプセルに乗せて、庇って死んだ。見下していた父親は娘の
ミサトを愛していた。アッシュとミサトは境遇や父親の性格などは
まるで違うけど、共通しているのはどこか子供に償いたいという
気持ちがあったと思う。ゲンドウは妻にしか愛情を持たなかったが。

名無しのファントムさん

でもそれを表現できてなかったんだから演出や脚本としてはNG。日本人でさえこんなに賛否両論があるんだし、海外配信ははじめから決定してたことだしね。
何よりこの作品はアッシュや英二達の心情が深いテーマになっている。それならその辺もっと踏み込んで表現しないと。
他の漫画のアニメ化に比べてそれほど改悪されてないと思うけど、BananaFishのアニメ化はそういう言葉足らずな箇所が多いことが分かってきた。24話に詰め込もうとするとこうなるんだろうな。

名無しのファントムさん

いや、アニメだけでもそれはちゃんと表現できていたよ
それでもアッシュの父親許せない人もいるでしょう
あと日本人の心理描写は外国人に理解できないこともあるでしょ
冷たいからって嫌いだとは限らない
好きでもやさしく出来ない人もいるってことが読み取れないのかも
日本人なら漫画やアニメでそういう態度の裏にある本心を読み取るのは慣れてるけどね

名無しのファントムさん

アニメ見るとき原作読まないとわかんないのってダメなやつでしょ。

名無しのファントムさん

人として言っちゃいけない一言、一線があるってことだろうね。
レイプ被害者の息子に向かって男娼って言える親がどこにいると・・・

名無しのファントムさん

まあ日本よりもストレートに言う文化の国からすれば
アッシュの父親が言った言葉を重く受け止めるかもしれない
例えば「ゲームと文化の違い – マル秘ゲーム」という動画が
Youtubeにあるんだけど、そこでFFXのユウナがティーダに
別れを言うシーンで日米で大きな違いがあることを説明してる

日本版だとユウナは今までのティーダの行動を考慮して、
「ありがとう」と感謝するんだけど、アメリカ版では
「I love You」と愛の告白をして、ティーダと別れる
これは「ありがとう」をアメリカ人に言った場合、
「こいつはティーダの気持ちに答えないなんて、
ヒドイ女なんだ。」と誤解を生む可能性があるらしい
「愛している」なんて照れ臭いと考える日本人に対して、
彼らは「愛している」を言えないのを非常識と考える

名無しのファントムさん

>苦手な人は脳内でエイジを女子に変換するか、見るのを止めることをオススメする
英二大好きだけどこれはすごく良い考えだと思う。
口に出したり書き込みはしなくても苦手だからあえて脳内変換するというのは自分もよくやってる。

あとこの作品において「性的な暴力」「力を誇示し弱い者を支配することの邪悪さ」「相手の心を思いやる性別や国境など関係ない純愛」はものすごく真摯なテーマだから、初期はホモネタ多過ぎwレイプ多過ぎと思うだろうけどそれもアニメから汲み取れる作りになってるといいなと願う。

6話はすごく力を込めてあって感動した。神だ。

名無しのファントムさん

Amazonのレビューにここの丸パクリの人がいた。銃の扱いのくだりとか。高校生でもわかることだ!って書いてたけど、日本人が本物の銃撃つことなんてほぼないんだし、よっぽどのマニアしか分かるわけないだろ?!ってつっこみたかったけど。
外国人の反応を自分の意見として書いて批判してるわりには、最新話まで見てるし、ああいう人って何で見てるんだろう?恨みでもあるの??って思う。

名無しのファントムさん

チェックするために見てるようなもんでしょ。そして自分基準のポイントを言わないと気がすまないくせに、自分の言葉で言うほどまとめられない。感情的なものほど言うのは難しいからね。きっと実生活でもそういう人なんでしょう。

名無しのファントムさん

いちいち揚げ足取ったり人の悪口言うのが趣味な人ってみっともないし可哀想だよね…。

名無しのファントムさん

銃の扱いは別にいいけど、やっぱり外人にお辞儀はさせないで欲しいわ。
あれはがっかりする。

名無しのファントムさん

どっかで誰かが書いてたけど、ゴッドファーザーでも頭下げるシーンあるらしいよ?
あんな深々下げるのかはわからないけど。

名無しのファントムさん

中華系のアメリカ人てこの話やショーターのことどう見てるんだろうか。(髪型も含めてw)

名無しのファントムさん

あれこれ言ってる外人は
30年以上前の自分の国のコミックスと比べてみればええやで

名無しのファントムさん

日本人が描くアメリカ人だから、どうしても日本人的な性格になるのは仕方ないけど、よく描けてる方だと思う。
でも、どうしても気になるんだろうなー。
日本人も洋画とかで日本がでてきたら、必ず何ヵ所かつっこみたくなるし。
それはそれで楽しいんだけどね。

名無しのファントムさん

時代設定に無理が出てきてるな……
いくら何でもロス市街を見つけられずに迷子って訳があるかい。

名無しのファントムさん

ほんと。原作の80年代でこのネタなら仕方ないけど、グーグルマップ見てロスに入ってることが分からないなんてありえない。
これからもっと社会描写が深く濃く出てくるので、どう対処するつもりか心配。