海外の反応「進撃の巨人3期2話」第39話「痛み」

海外の反応「進撃の巨人3期2話」第39話「痛み」

アニメ「進撃の巨人 Season 3」2話(第39話)「痛み」に対する海外の反応を翻訳してまとめました。

海外アニメファン「謎が新たな謎を呼ぶ!頭の整理が追いつかないよ!」

前回、アニメ「進撃の巨人 Season 3」1話(第38話)「狼煙」に対する海外の反応はこちら。

参考:1. 2. 3. 4 . SNSなど

アニメ「進撃の巨人 Season 3」第2話「痛み」に対する外国人の評価と感想

リヴァイ班VSケニー率いる謎の憲兵たち

あのリヴァイ兵長が焦ってる?兵長がたじろぐほどの男、ケニーって一体何者???

第一幕は、西部劇を愛する諫山先生からラブレターだったね。ずっとニヤニヤしっぱなしだった。アニメーションも劇中曲も最高だった。

ケニーとリヴァイによって昼飯のウィンナーを台無しにされた男。

とにかくリヴァイ班とケニーの一団との戦いは息を呑む素晴らしいアニメーションだった。漫画を読んでいた時から、このシーンがアニメ化されるのを楽しみにしてたんだけど、まさに想像していた以上のものが見れて大満足。

WITスタジオの仕事は完璧以上だった。

>>4
そうね。
バーテンダーのおっさんだって興奮してたよ。

>>5
Bartender-chan!ベストガールのヒストリアに対抗しようとして、こんな可愛いらしい姿を見せても無駄だからね。

ゲーム「レッド・デッド・リデンプション2」のアニメ化最高だった。けどあの西部劇の世界観に立体機動装置ってありなのだろうか。

>>7
はい。ゲームの新しいポスター作ったよ。

ようやっとケニーのこのシーンをアニメでやってくれたおかげで、ネタバレを気にせずに俺の秘蔵ケニーgif画像を放出できる日が来たぞ!

via GIPHY

via GIPHY

バーテンダー:お知り合いですか?
リヴァイ:違う!

バン!バン!

ケニー:オメーはチビなだけで、年はそれなりにとってたな

リヴァイ兵長に正面切って「チビ」(tiny)って言えるのはこの世界広しと言えども、ケニーしかいないだろうな。

作画のレベルが高かったね。特に前半シーンは。

超高速で展開される立体機動装置を使ってのバトルだけではなく、背景となる町の風景や景色も手を抜かずに美しく描かれていて最高だった。

さすが今井有文さんがアクション作画監督を担当するだけはある。

リヴァイ兵長が追っ手の銃撃を回避する一連のトラッキング・ショットは本当に美しく見惚れてしまった。

※トラッキング・ショット
トラッキング・ショット(tracking shot)は、レール上の台車(ドリー)にカメラを乗せて撮影されたショットを指します。ドリーショットと呼ばれることもあります。

憲兵団と違って、調査兵団が対人戦に慣れていないことが露呈された。なんと言っても、憲兵団の陰の仕事は王政府を脅かす人々を監視し、行き過ぎた者たちを闇に葬る事。人を殺すことに対する心理的な障壁がない。

一方、巨人を殺すのと違って、敵とはいえ同じ人間を殺すことに躊躇するジャン達。常識的にいって、突然、人間を殺せと命令されてもそう簡単に人は殺せるものではない。それが普通の人間というものだ。

こうした設定があるからこそ、たった一人の人間を殺すにもドラマが生まれるし、アルミンだって苦しむことになる。
ただし、調査兵団でもこの男は例外ね。

リヴァイ兵長のような修羅場(対人、対巨人)をくぐり抜けた強者であれば、ためらいなく人を殺せる。

>>14
>人を殺すことに対する心理的な障壁がない。

この女性はためらったみたいだけどね。だからアルミンに殺されてしまった。

まーた、エレンが誘拐されちゃったよ!何度目だ!

>>16
いっそのこと、Attack on Titan ~ お姫様エレンを救え ~という副題でも付けたらいいのに。

可愛そうなアルミン。アルミンの綺麗な手が血で汚れてしまったよ。

拷問シーンは相当カットされていたね。こことか。

肝心のハンジのあのセリフもカットされていた。 ハンジ:さて、いらないのは右と左のどっちの睾丸?

カットと言えば、リヴァイの腹筋も(泣) あとはリヴァイとヒストリアの重要なやり取りもまだ描かれていない。もしこのシーンをカットしたんであれば、リヴァイファンにとっては超重要なあのシーン(王政編終盤のリヴァイの笑顔)が見れないということに・・・

個人的に原作との一番の改変はこのシーンかな。

サネス:田舎の牧場にいた売女も!

なんかヒストリアっぽい女の子が写っていたような・・・

ここの回想シーンは、原作組からしたらヤバイくらいのネタバレがあるんだよね。言わないけど。

アニメ組だけど、一人は特定できたよ。 サネス:下手に利口な教師

この拷問されている教師は、エルヴィン団長が子供の頃の先生でしょ?OPでしっかりと描かれていたからね。



※冒頭リヴァイの戦闘シーン観賞用動画

リヴァイ・アッカーマン???

部下:リヴァイの居場所を聞き出さなくてもよかったのですか?
ケニー:黙ってても奴は出てくる(He'll show up even if we do nothing.)

部下:分かるんですか?(How do you know?)
ケニー:俺が育てたからな(Because I raised him.)リヴァイ・アッカーマンはそういう奴だ。


リヴァイ・アッカーマン!?!?!?!?

どういうこと?

LEVI FUCKING ACKERMAN

同じ黒髪だしどこか似ているところがあった二人だけど、まさか血がつながっているとは思わなかったな。名前が同じだけでまだ確定したわけじゃないけど。

ミカサは黒髪の東洋系だけど、リヴァイは髪は黒いけど東洋系の人種ではなかったはずだけど・・・

リヴァイ・アッカーマンにミカサ・アッカーマン。

この二人の人間離れした強さには何か血筋や遺伝が関係していたってことなのか。

このシーンで度肝を抜かれた人は自らの幸運を噛みしめるべき。

漫画を読んでないアニメオンリーの自分は、これまでなるべくネタバレを避けてきたんだけど、このリヴァイの名字がアッカーマンという秘密だけはネタバレを食らってしまったから。

というのも、ただ兵長の画像が欲しくて、「リヴァイ」というキーワードでググっただけなのに一ページ目に「リヴァイ・アッカーマン」って出てきたんだ。どうしようもなかった。不可抗力。

そしてダウンロードした兵長の壁紙画像には、ご丁寧に「リヴァイ・アッカーマン兵長」という透かし文字まで入っていた(笑)

自分も知ってたから、「えっと。リヴァイの名字が明かされるのってこの場面が初めてだっけ?」みたいな微妙なリアクションになってしまった。

自己責任だから仕方ないけど、自分も同じようにこの秘密を知って唖然としたかったよ。きっとチビってしまうくらいびっくりしただろうな。

このネタバレに関しては、どうしようもなかった思うよ。

だって1年ほど前にアマゾンで販売されたリヴァイ兵長のファンコPOPのフィギュアの商品名からしてまさかのネタバレだったんだから(笑)どうしようもない。

一つだけ、疑問がある。

リヴァイの名字がアッカーマンだということはこのエピソードで初めて明かされた情報ということは分かった。

そこで疑問に思ったのが、リヴァイは当然、ミカサの本名もアッカーマンと知ってたはずなんだけど、一度でもアニメでミカサの名字に触れたことってあったっけ?自分的には記憶にないんだけど。

ただ単に、劇中で描かれなかっただけで当人たちはリヴァイの名字を知っていたのかな?

エンディングテーマと第39話に対する全体的な感想

Linked Horizonの「Sasage 2」がキター!

Linked HorizonがED曲を担当すると聞いた時は、「やった!Sasageyo 2が聴けるぜ!」って冗談で言ったけど、まさか本当に「SASAGEYO」という歌詞が聴けるとは思わなかった(笑)

Linked Horizonのエンディングテーマ曲が聞けて嬉しいことは嬉しいだけど、どうせならもっと激しい曲調のほうが良かったな。これじゃ、わざわざYoshiki&Hydeをオープニング曲にした意味がないような。どちらも落ち着いたバラード調の曲だし。

>>35
正確には、「Shinzou wo Sasage.. Ta」だけどな。過去形になってる。

今回のヒストリアの過去回想エンディングが、進撃1期のミカサエンディングとそっくりなのは何か意味があるのだろうか?

プロデューサー:進撃の巨人シーズン3で予算とリソースをどこに振り分けるべきか?
アニメーター:リヴァイ兵長のカット
プロデューサー:ナイスアイデア!

進撃の巨人を待つ時の正しい過ごし方:
❌:今か今かとクランチロールのサイトで待機しながらF5キーを連打する。
⭕:今すぐに日本語学習を始める

この39話にアニメオンリーの視聴者は付いて行けているのだろうか?

あまりの情報量の多さに、漫画読者で先を知っている自分でさえも消化するのがきつい。

漫画で一足先に王政編を読んだ人たちが、王政編はつまらないよって言ってたけど、ぜんぜん違う!

鳥肌立ちっぱなし!

諫山創先生、自らが漫画版の王政編は悔いの残る出来だったと認めているんだから、王政編がつまらないという人がいてもおかしくはない。だからあえてアニメ化に当たっては諫山創先生がアニメスタッフに改編を希望していたようだ。

シーズン3はこれからも面白い怒涛の展開が続くんじゃないかな。
※おそらくソースは、原作者諫山創先生ご自身のブロク記事だと思います。

個人的には、アニメの物語展開が早すぎるように感じるけどね。漫画では、商会長のディモ・リーブスや先週死んでしまったニファの出番がもっとあったから、彼らの活躍があまり見れなかったのが悲しい。

第39話の副題「痛み」(pain)っていうのは、拷問されたサネスの体の「痛み」と人を殺めてしまったアルミンの心の「痛み」を指しているのかな。

アニメ視聴者さんたちによる長文考察

※原作漫画を読んでいない方、つまりアニメオンリーの考察なので正しい情報もあれば、間違った情報もあるかと思います。

一部、念のためにネタバレ処理をしているところもありますが、一応、すべてアニメの情報を元にしたコメントです。


後半怒涛の暴露大会に脳が付いて行けないんだが・・・

リヴァイ・アッカーマンの件は知ってたから置いとくとしても。

第39話で明らかになった情報をまとめると・・・

  • ロッド・レイス卿が真の王で、その娘であるヒストリアが後継者。つまり次期女王に当たる。
  • ハンジの「エレンが食われる」というセリフから予想できることは、巨人を食べることで巨人の能力を奪える可能性があるということ。

    根拠は、シーズン2でのエレンとライナーたちの会話。それとエレンの巨人の力(シーズン2で見せたエレンの特殊能力<巨人をコントロールする力>)を狙う者が存在すると仄めかされていたから。
正直、声も出ないほどの衝撃。

でもまだ謎が残っている。

他の巨人と違って、どうしてエレンやユミルは自在に巨人化する能力があるのかということ。

>>46
この玉座に偉そうに座ってるおっさんは誰なんだろ(笑)

たった20分でこの情報量は半端ないわ!

>>46
>まだ謎が残っている。他の巨人と違って、どうしてエレンやユミルは自在に巨人化する能力があるのかということ

漫画を読んでいないアニメ視聴者さんによる考察です。アニメからの情報を元に独自の考察を展開されています。

そもそもエレンが巨人化できるのは、父親から何かを体に注射されたからという前提はいいよね。アニメでも何度かフラッシュバックされたシーンね。

つまり人は人為的、人工的に巨人化できるできるという意味になる。そしてシーズン2のユミルの回想シーンを思い出してほしい。

教祖に祭り上げられたユミルは信者とともに捕らえられ、壁の上から壁外へと突き落とされる。

この突き落とされる直前に何かが「ブスッ」と突き刺ささる音が聞こえたはず。そして先に突き落とされた信者が、落下すると謎の光を放つ。これはエレンやユミルが巨人化するシーンでも見られる発光と似ている。

さらにユミルが突き落とされた後は、そのまま巨人化したユミルのシーンへと繋がる。

これらを元に考えると、体内に何らかの物質を注入することにより人は巨人に変化するという説が正しいことが分かる。

ただこの技術を持つ人類が何者なのかは依然として不明。果たして壁の中の存在なのか、外の存在なのかも分からない。この謎に関しては保留とする。

ユミルはその後、60年間も地上を彷徨うことになる。しかしあるとき、ライナーとその仲間に遭遇し、その内の一人を食ってしまう。

ライナーやアニーの仲間ということは、ユミルが食った人間もまた巨人だったと推察できる。そしてその直後、ユミルは人間の姿に戻っている。

このことからいえるのは、巨人は別の巨人を食らうことで相手の巨人の能力を継承できるだけではなく、巨人から人間へそして人間から巨人へと自在に変身する力も手に入れる事ができるという事実が導き出される。ただユミルがこの時にどんな特殊な力を継承したのかは不明。

さて、これをエレンの事例に当てはめて考えを進めてみる。

父親によって注射され巨人になったエレンは人に戻る能力も備えている。これはすなわち、ユミルと同じようにエレンもかつて巨人を食べたことがあると断言できる。

ここからは推測混じりの考察になるが、ただの巨人を食べるのではなくユミルが食べたような知性のある巨人、つまり同じ人間に戻れる能力を持った巨人を食べることによりその能力、つまり自在に巨人になったり、人間に戻ったりできる能力を得ることができるとも言える。

これまでもエレンの父親が行方不明なのは、巨人化した直後のエレンによって食べられてしまったのではという考察があった。この考察とエレンが巨人化しても人間に戻れるという2つの事実を組み合わせて考えると一つの結論が導き出される。

そう。それはエレンの父親グリシャ・イェガーもまた知性のある巨人だったということ。

エレンは父親の注射によって巨人化しただけではなく、知性ある巨人である父親を食うことで、人間へと戻れる能力まで手に入れていたんだ。

おそらく父親はあえて息子に食われるように仕向けた可能性がある。グリシャ・イェガーなら当然、目の前で息子が巨人になれば最初に襲われ食べられる可能性が高いのは自分であることに気が付かなかったはずがない。

しかも自らも巨人であれば、巨人化した息子に対抗して、自分も巨人になることだってできたのに、それをあえてせず息子に食われるがままにした。

そこには2つの理由があったのだと思う。

1つは、息子を想っての事。息子をユミルのように何十年にも渡って巨人の姿でこの世界に彷徨ってほしくなかった。

2つ目は、自分を食べることで、息子に人間に戻ってほしかっただけではなく、自分の持っている特殊な力(巨人をコントロール力)を息子に継承してほしかったから。

ただし、ここで新たな疑問が生まれる。何の目的で息子を巨人にし、自分の力を継承させたのか?その動機が不明ということ。

以上、長々と書いたけど、あくまでアニメオンリーとしての考察。もちろん間違っている可能性はある。

[collapse]

>>49
君の説が仮に正しいとするならば、

※ネタバレ(クリックで解除)
つまりエレンの父親もまた巨人であったという考察が正しいとすれば、新たな疑問が出てくるよ。

1)グリシャ・イェガーもまた何者かによって人為的に巨人にされたのか?
2)父親もまた、巨人をコントロールする力(いわゆる座標ってやつ?The Coordinate)を他の巨人を食らうことで手に入れたのかということ。


う~ん。謎が新たな謎を呼ぶ!

>>46
>ハンジの「エレンが食われる」というセリフから予想できることは、巨人を食べることで巨人の能力を奪える可能性があるということ。

ここがちょっとまだ曖昧なんだよね。

巨人ではなく、食人行為として同じ人間に食べられるという可能性だってあるし。

しかし「進撃の巨人」というアニメを考えるに、まさか露骨なカニバリスムをアニメで扱うとは思えないので、エレンは巨人に食べられると解釈するのが妥当かな。

エレンとヒストリアをさらった首謀者はレイス卿だから、当然、エレンはロッド・レイスに食べられると考えるのが普通。ということはつまり・・・ロッド・レイスの正体は巨人??? レイス:ヒストリア。今まで済まなかった

頭が混乱してきた(笑)

>>51
それが本当だとしたら、すごいことだぞ。

だってレイス卿の正体は単なる地方貴族ではなく、国王だったんだから。

つまり壁の中の支配者である王様が「実は巨人でした」というまさかのオチに!!!

 

***
以上となります。


ネタバレ判定が難しい記事でした。

原作漫画を読まずに、アニメの情報だけを元に考察や推理を展開している場合(※redditの「進撃の巨人」板には、建前上、原作未読者、アニメ視聴者だけしか投稿できないスレッドがあり、今回はそこから一部引用しています。)は、基本ネタバレタグを付けずに表記するようにしているんですが、今回の考察は精度が高すぎたので、一部ネタバレ処理をしました。

あと、原作とアニメの両方を完走しているせいか、どこまでがアニメ情報でどこからが漫画情報なのか頭が混乱してしまっています(泣)

次話、アニメ「進撃の巨人3期3話」第40話「昔話」に対する海外の反応はこちら。

  • 海外の反応「進撃の巨人3期3話」第40話「昔話」
  •  

    「進撃の巨人」関連記事 漫画版「進撃の巨人」に対する海外の反応もまとめています。










    20
    コメント
    ※コメントが反映されないときは、ブラウザのキャッシュをクリアしてみて下さい。
    コメントルール

      通知システム  
    新しい順 古い順 評価の高い順
    通知を受け取る
    名無しのファントムさん

    >個人的には、アニメの物語展開が早すぎるように感じるけどね。

    まあそれは仕方ない。アニメ業界は製作委員会は儲かっているけど
    アニメ制作会社は儲かっていないから、一つの作品だけじゃ食って
    いけないので、J.C.staffのように同時期に2作品以上手がけるか
    他のアニメ会社の下請けなんかをやっている。その結果作画崩壊や
    ジーベックやシャフトのように自分たちが手がける作品が納品できず、
    万策尽きると5chのVIP版で暴露されていた。だからオバロのアニメで
    展開が速かったり、ナツコ脚本の封神演戯はぶつ切り状態なのは予算が
    もらえず、しかも他作品の仕事を掛け持ちしないとダメな環境に自ら
    アニメ制作会社が現在陥っているのが問題らしい。それは円盤を買えば
    解決するレベルじゃなく、根本的に業界を変えないとダメだと言ってた。

    名無しのファントムさん

    一度出来上がった仕組みとか体制を変えるってのは保守的な日本人の不得意としてきたことだからなぁ…。

    まぁ明治維新とか極端なのはたびたびやるけどなぁ

    名無しのファントムさん

    ほとんどのアニメでアニメ制作会社自体が製作委員会に入っているぞ
    進撃の巨人の場合はWITの親会社のIGが製作委員会に入っている
    そもそも製作委員会を立ち上げずにアニメ制作会社と放送するテレビ局の2社だけで製作するアニメだってある
     
    展開が早かったりするのはストーリーのキリがいいところで1話分が終わるようにしたり1クール(もしくは2クール)になるように調整するから
     
    業界を変えた方がいいのは同意する

    名無しのファントムさん

    >ほとんどのアニメでアニメ制作会社自体が製作委員会に入っているぞ

    tkアニメ制作会社が製作委員会に入っても意味ないんだよ
    経営者が社員にちゃんと利益を還元していないし、あとNHKでも
    取り上げられていたけど、アニメの製作には多くの中小スタジオに
    分業させてて、その結果予算をたくさんもらっても報酬を渡す会社が
    多いから、アニメを最後までちゃんと作れない状況に陥っている
    それにWITはカバネリで赤字を出したから、かなり社員を解雇した

    名無しのファントムさん

    >>WITはカバネリで赤字を出したから、かなり社員を解雇した
     
    ソースは?

    名無しのファントムさん

    >制作会社単体でみると、ジーベック、ウィットスタジオ、
    >シグナル・エムディの3社は損益ギリギリ、もしくは赤字となる。
    ソース→http://animationbusiness.info/archives/3795

    原作組

    要点を抑えたとても読み応えのある記事ですね
    これからも頑張って下さい。

    名無しのファントムさん

    アニメ組だけど、たしかリヴァイがミカサの名前を初めて聞いたとき、苗字に反応してたシーンがあったような…(うろ覚え)

    名無しのファントムさん

    アニメ組だけど頭が混乱する程ではないかな、アニメスタッフのまとめ方が優秀なのか
    リヴァイは自分もなんかでネタバレくらったわw最悪キャラの名前でググると「悲報!◯◯死亡!」とか出てきてたしw
    巨人を食べるみたいなのは二期のEDの壁画でもそんな描写あったしね
    大昔の元祖巨人が人間に自分の肉を(人魚の肉的なノリで)あげたら人間側が調子に乗って元祖巨人が狩られて食われて制御不能の巨人が生まれてしまって人類破滅の危機になり逃げた人達が壁を作って引きこもったのかなってあのEDを見て想像した
    で、壁の外に取り残された人々は壁の中の人々を恨んでて「悪魔の子孫め!」なのかなと

    名無しのファントムさん

    アニメしか見てなくて一期のころはあまり印象になかったんだけど、どんどんアルミンの株が上がってきた
    冷静で非情な判断もできるけど、根本は優しくて常に葛藤してる良い奴だな
    こんな友人ほしい

    名無しのファントムさん

    アルミン「だが断る」

    名無しのファントムさん

    まあ、しかしよくぞここまで大幅カット、改変、原作のエピの順序をいじりまくれるなあって感想しかないわ
    そのせいでキャラのセリフに整合性がない部分が出てきてる

    名無しのファントムさん

    拷問シーンがとばされてたけど、まぁ仕方ないかな

    名無しのファントムさん

    円盤で拷問シーンが補完されます ・・・だったりして

    名無しのファントムさん

    王政編はやたらダルかった記憶があるからアニメはテンポよく核心に切り込んでいってていい気がする

    名無しのファントムさん

    だがヒストリアとのやり取りは入れて欲しかった
    ぶっちゃけ王政編の主役ってヒストリアだし

    名無しのファントムさん

    よく分からんが理解しやすい様に流れを綺麗にするために順番を入れ変えるとかあるのでは?
    ユミルの過去回想も原作組がネタバレネタバレうるさかったけど未読のこっちとしてはすんなり見れたし
    アニメって決められた時間枠っていう制限の中でこんな綺麗な映像美でやってくれてこっちは大満足だけどな。

    ここはそんな事ないけど別の翻訳サイトの感想見たら既読組の文句と不満だらけの感想で埋まってて正直うるさかった

    名無しのファントムさん

    翻訳お疲れ様です!
    ここは読み応えがあって好きです。
    王政編は全部読んでいないので批判はできないのですが、なんか無限の住人の不死の力解明編並に冗長で途中で飽きた記憶があるので、そこを改善してくれるなら楽しく見れそうで期待してます。
    これからもブログ更新楽しみにしています!

    名無しのファントムさん

    リヴァイの名字が明かされたシーンは直接的なネタバレ食らわずに読めたけど、諌山先生によるとリヴァイだけフルネームじゃないのは理由があるらしい……という情報だけは予め知ってたんだよね

    名無しのファントムさん

    やっぱ原作とアニメの絵が並ぶと凄い差を感じるなw
    ましてや今井有文とか将来アニメーターが浮世絵師みたいな
    文化史的な研究対象になったら間違いなく名前が残ってる神絵師だ

    それでもやっぱり諌山+漫画メディアじゃなきゃ生まれてない作品だとも思う
    下手糞でもやっぱ絵で考える人は小説家より右脳的な混沌があるんだよね