海外の反応「ゲゲゲの鬼太郎」7話「幽霊電車」

海外の反応「ゲゲゲの鬼太郎」7話「幽霊電車」

アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」6期7話「幽霊電車」に対する海外の反応を翻訳してまとめました。

海外ファン

イジメ、ダメ、ゼッタイ!

前回、アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」第6話「厄運のすねこすり」に対する海外の反応はこちら。

参考:1. 2. 3.など

第7話予告動画

ゲゲゲの鬼太郎 第7話予告 「幽霊電車」

アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」第7話「幽霊電車」に対する外国人の評価と感想

こんなに恐ろしい展開になるとは思わなかった。びっくりした。けど面白かった。

イジメは良くないという教訓が子供たちにも伝わったんじゃないかな。与えた苦しみはかならず自分に帰ってくるものだということが学べる回だった。

不気味で恐ろしいけど、どこか教訓みたいな示唆を得られる物語というのはいいね。こっちでいう「トワイライト・ゾーン」や「フロム・ザ・ダークサイド」を思い出す。
※ホラーテイストのある日常の中の非日常をテーマにしたオムニバスドラマ。日本の「世にも奇妙な物語」に多大な影響を与えたアメリカのドラマ作品。

実は社長は死んでいました、で終わらせずに、エンディングに女子高生のストーリを挟んだところがおしゃれだと思った。これによってより「人の振り見て我が振り直せ」的な教訓が加わることになったから。

現在も誰かをイジメている視聴者の子供がいたら、この女子高生に自分を重ねて馬鹿な真似をすることは止めてほしいよね。

イジメ、ダメ、ゼッタイ!(No More Bullying)

お気に入りのエピソード。何気に懐かしい妖怪の姿も見れたしね。

にしても「ゲゲゲの鬼太郎」が全年齢対象のGレーティングって区分け間違ってないかな。特に今話は子供にはテーマが重すぎだし、頭から血が滴るゾンビサラリーマンが出てきた時はウォーキング・デッドを見ているかと思ったぞ(笑)

>>5
PG-13あたりが妥当だと思う。でも日本のアニメだから審査が緩いのかもね。

※米国の映画レイティング・システム

アメリカにおける映画、ドラマ、アニメなどに付けられる年齢制限の枠は大きく分けて4つに区分されます。

  • G
  • G(General audiences)は全年齢対象。アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の他には「ポケットモンスター」や「となりのトトロ」。

  • PG
  • PG(Parental guidance suggested)は個々の保護者が判断。映画「君の名は。」はPG指定となっています。

  • PG-13
  • PG-13(Parents strongly cautioned)は入場制限は無いが13歳未満の子供は保護者の厳重な注意が必要。
    「もののけ姫」や「ドラゴンボールZ」はPG-13となっています。

  • R
  • R(Restricted)は、17歳未満は保護者の同伴が必要となります。「卑語、激しい暴力、ヌード、薬物」描写のある映画が対象となっています。いわるゆる「R指定」。映画「スタンド・バイ・ミー」は子供の喫煙、無許可外泊などが理由にR指定となった。アニメでは「アキラ」や「Ghost in the Shell」などが該当します。

  • NC-17
  • NC-17(No one 17 and under admitted / Adults only)は17歳以下の子供は入場禁止。日本でいうところR18(18歳未満禁止)。「極めて暴力的あるいは性描写が著しい」映画がこの対象になります。
    アニメでは「進撃の巨人」、「デスノート」(※訂正:他のソース(imdb)で調べたところ、一部のエピソードがNC-18で、通常はPG-13相当でした。)、などが対象となっています。

    見ながら、自分が本当にGレーティングのゲゲゲの鬼太郎を見ているのか不安になった。ひょっとして自分は「笑ゥせぇるすまん」、あるいは「魔法少女サイト」を見ているのはないかと錯覚してしまった。 社長:よくお似合いだぜ!このゴミが!

    鬼太郎が蹴飛ばされたことを恨んで、私怨で社長に復讐する物語なのかと思って少し戸惑ったけど、社長の悪事が暴かれてからは納得の展開だった。

    ただこのお話における鬼太郎の役割がはっきりしないところがあるよね。

    現世を彷徨う魂を死後の世界へと送りと届ける案内人みたいな立ち位置だったのかな?日本の怪談話だと成仏できない魂は悪霊となって人間に取り憑いたり悪さをしたりするっていうから、そういう意味では妖怪退治とも言えるかもね。

    >>8
    単純に見たままだと思う。最後にファミレスで女子高生と鬼太郎が会話してたところから分かる通り、女子高生の写メに写った心霊写真を鬼太郎に相談しただけじゃないのかな。その流れで社長の魂を地獄に送る手伝いをしたと。

    鬼太郎があの女子高生がイジメっ子だったと気付いていたかはよくわからないけどね。

    まなちゃんがいなくて寂しいよー

    よく考えてみたら、この社長は最初に30人ほどの社員を抱えていると言ってたけど、10体近い骸骨に囲まれているということは、10人近くの社員がこの社長のせいで自殺したってことになるね。なんという自殺率の高さ!これは因果応報ですわ。

    地獄行きの幽霊列車に乗り合わせているということは、この自殺した社員たちも地獄に落ちてしまったという事実。これこそ悲劇。

    鬼太郎:因果応報という言葉を聞いたことがあるか?自分がやったことはやがてかならず自分に帰る

    黄金率:悪事身に返る。

    逆に言えば、他人に親切にすれば、その親切は自分に帰ってくるとも言える。ほんと他人の恨みを買っても何の良いこともないよね。すぐに帰ってこなくてもいつかしっぺ返しを食らうもんだから。

    「復讐は冷えてから食べると一番おいしい料理」(Revenge is a dish best served cold.)なんていう諺もあるくらいだから。
    ※復讐はじっくりと計画を練って相手が忘れた頃に果たすほうがより効果的であるということわざ。

    因果応報という言葉を信じたいけど、悪人が得をしたり、長生きをしたりするのもまた現実であるというのが皮肉だよね。毛沢東みたいに何千万人を死に追いやった悪人が長生きした例もあるから。

    原作漫画だと社長キャラは死なずに教訓を得て反省して終わるんだけど、どちらの結末が良かったんだろうね。

    今回のように社長を本当に死んだことにして地獄に落としたのは、当時と違って昨今の日本ではブラック企業が社会問題化しているという背景が関係あるのかもしれない。

     

    ***
    以上となります。

     

    次の記事、アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」6期9話「河童の働き方改革」に対する海外の反応はこちら。

  • 海外の反応「ゲゲゲの鬼太郎」9話「河童の働き方改革」









  • コメント欄

    • Comments ( 13 )
    • Trackbacks ( 0 )
    1. By 名無しのファントムさん

      日本じゃ18才以上になって鬼太郎見てんのは子供に付き合って見ている親御さんか昔から好きだったって根強いファンだけだぞ(笑)
      18才以上にレイティングさそたら番組即終了だ。

    2. By 名無しのファントムさん

      DEATHNOTEが18歳以上ってのは規制厳しすぎやしないか?

      • By 名無しのファントムさん

        欧米の子供向けアニメでは厳しいルールと過剰な自主規制があり
        キャラクターが死ぬのは禁止、血を流すのも禁止、銃や刃物を向けるのも禁止、
        顔面や腹を殴るのも禁止、露出が多い服も禁止、大人のキャラでも酒とタバコは禁止、
        ゴッド○○という名称や十字架など宗教を思わせるものは禁止、黒い肌も禁止

        キッズ向けチャンネルで放送したワンピースは上記の要素が全て消されていて
        ストーリー的に死ぬ設定のキャラであるエースの存在が消されるほど規制が厳しい

    3. By 名無しのファントムさん

      屋台を出る時にお金払ってなくて大丈夫かと思ったけど
      ネタに気付いてからは三途の川も電車で渡る時代になったかと思って感心しながら観てたな
      船で渡る人や奪衣婆、賽の河原等もしっかり描いてて良かった

      見上げ入道の回での「僕は幽霊族の末裔だから霊界とは自由に往き来できるんだ!」ってのとも関係あったのかな?

    4. By 名無しのファントムさん

      お馴染みの水木顔のサラリーマンが出てきましたね。
      完全に(人間の考える)正義側でもなく、かといって悪側にも立たない鬼太郎の雰囲気が乙ですね。
      人間も妖怪も良い奴もいれば悪い奴もどちらでもない奴もどちらでもある奴も色々いる。
      その中で、頭でこね繰り回した妙な正義感からではなく、幼少期の体験という個人的な好き嫌いで人間に介入する鬼太郎の人間?らしさが好きです。

    5. By 名無しのファントムさん

      この話からダークなのチョイチョイ挟んで来たよな
      鬼太郎守備範囲広くていいわ

    6. By 名無しのファントムさん

      >地獄行きの幽霊列車に乗り合わせているということは、この自殺した社員たちも地獄に落ちてしまったという事実。これこそ悲劇。
      そもそも自殺自体地獄行きだと言うのはさておき、本人達な死に際の怨念の思念や社長裁くための物であって必ずしも本人とは限らないとか色々考えれる気がするが…

    7. By 名無しのファントムさん

      >復讐は冷えてから食べると一番おいしい料理

      計画魔の大石内蔵助が好きそうな言葉w
      ちなみに中東には「復讐は百年たっても遅くない」という諺がある。

      • By 名無しのファントムさん

        末代まで祟ってやるってスケールだな

    8. By 名無しのファントムさん

      それにしてもこの鬼太郎かなり優しいだろ、こんな奴ら二人も面倒見てやってんだから
      ブラック社長はほっといたら悪霊化だろうし糞JKには地獄に落とされる前に警告してくれてんだから
      それだといじめ被害者が浮かばれない気もするけど……今更謝ったって遅い場合かどうかは分からんか

    9. By 名無しのファントムさん

      幽霊列車は毎期の定番だけど、外国人は6期から見始めた人が多いようでそこには何も触れていないな

    10. By 名無しのファントムさん

      ふつうのリメイクだと思ったら最後でニヤリですね

    11. By 名無しのファントムさん

      復讐は冷えてから食べると一番おいしい料理

      理解できるんだが、嫌な諺だな~・・。