海外の反応「BANANA FISH」4話「アッシュが生きている世界はあまりに過酷で残酷だ」

海外の反応「BANANA FISH」4話「アッシュが生きている世界はあまりに過酷で残酷だ」

アニメ「BANANA FISH」第4話「楽園のこちら側」に対する海外の反応を翻訳してまとめました。

海外アニメファン「いくら刑務所内で生きていくためとはいえ、一人前のオスとしての男らしさを証明しなければ生きていけないアッシュが不憫で仕方がない。彼が生きている世界はあまりに過酷で残酷だ」


前回、アニメ「BANANA FISH」第3話「河を渡って木立の中へ」に対する海外の反応はこちら。

参考:1-2-SNSなど

第4話予告動画

TVアニメ「BANANA FISH」予告| #04「楽園のこちら側 This Side of Paradise」

アニメ「BANANA FISH」第4話「楽園のこちら側」に対する外国人の評価と感想

バナナフィッシュの配信がいつまでたっても始まらなくて涙目の私:

via GIPHY


※通常の配信スケジュールよりも半日遅れたようです。したがってこちらの反応記事もいつもより遅れてしまいました。

塀の外:ショーター参上!

ショーターのモヒカンが生かされてる(笑)

原作だとこの時点でスキンヘッドになる予定だったのに。

これは良改変と言わざる得ない!

>>2
全剃りであれ、モヒカン頭であれショーターのことは大好き!

>>2
パープルモホーク頭(purple mohawk)をたった3、4話で失うのは惜しすぎる。

個人的には黒髪のほうが好みだったけど、アニメ化でショーターの頭を剃らせなかったのはマーケティング的にも正しい判断だと思う。

※モホーク(Mohawk)

モホーク族はアメリカ先住民族(インディアン)の一部族。 日本では「モヒカン刈り」(Mohican hairstyle)の呼称が一般的であるが、この呼称はパンク・ロックと共にイギリス英語として輸入した語であり、アメリカインディアンであるモヒカン族との関連は薄い。

アメリカ英語では、モヒカン族と同様にインディアンの一部族であるモホーク族の髪型に由来するモホーク刈り(Mohawk hairstyle)の呼称が一般的である。

※「Mohawk hairstyle」で画像検索した結果

- Wikipedia

ショーターがクールすぎる。アッシュの次に好きかも。どうか死なないで!

ショーター。一緒にショッピングに行こう。コーディネートしてあげるから。

>>6
こんなトサカ頭でダサい格好をした同級生がいたら、マジで「パイナップル」ってあだ名をつけてイジメてたかも(笑)

>>6
中華街のドレスコード:ダサい服

アッシュの計画が裏目に出てしまい、お兄さんが死んでしまった。

けど1対4という多勢に無勢の中、ショーターはできるだけのことはやったと思う。

オーサー:おまえはあの変態ジジイに麻薬漬けにされて(You'll be drugged by the old fag.)、骨までしゃぶられろ

オーサーの悪役としての存在感が際立っていた。特に、ディノのオモチャにしてやるぞとエイジを脅した時の声が不気味で背筋が寒くなった。

マフィアに追われて身の危険を感じつつも、アッシュを助けるためニューヨークに留まろうするエイジ。1話の頃よりもエイジはずいぶんタフになったなあ。

グリフ:バナナフィッシュ・・・

悲しみに追い打ちをかけるのが、グリフが自分の足で立ち上がり、正気を戻しかけたその瞬間に殺されてしまったという事実。

>>11
止めてくれー(Fuuuuckkkk)
これ以上、私を悲しませないで!

こんな苦しみや喪失感をアッシュに背負わせるなんて。一体彼が何をしたっていうの?可哀想な、アッシュ。

やっぱりマーディアが可愛くない(笑)

>>13
バナナフィッシュで一番男らしいキャラは、アッシュでもエイジでもなく、マーディアな気がしてきたぞ(笑)

伊部さん:くそ!見境なく人を殺しやがって!何が自由の国だ!笑わせんな!

作者吉田秋生さんは2,30年も前にアメリカという国家の正体を見破ってたんだね。

アメリカ=銃犯罪国家

エイジ:BANANA FISHが誰か分かったんです

あのメガネ科学者がBANANA FISHのわけがないよな。少なくとも真相は別にあるはずだ。

塀の中

アッシュ:この豚野郎!

いただきまーす。

男のバナナをフォークで突き刺すシーンて原作にあったっけ?

>>18
多分無かったと思う。

先週のアッシュが皿の上のバナナを突き刺したシーンが今回のこのシーンの伏線だったってわけか。

>>19
原作では、最初にアッシュをレイプしたガーベイがマックスと入れ替わりで同房者になって、再びアッシュを襲おうとする。しかしアッシュがこれを返り討ちにし、頭を壁に叩きつける。これが原作での仕返しのやり方。

しかしアニメではもっとえげつない方法、ガーベイの股間にフォークを刺すという表現に変えている。

個人的には感心したし、視聴者がよりスカッとする展開になっていたと思う。

>>18
そりゃ、マックスだってこの顔になるよな。想像しただけでも寒気がする。

アッシュがレイプ野郎の股間をフォークでぶっ刺すのが見れて満足満足。

入れ墨野郎のあそこをフォークで刺した瞬間は、サッカーの試合で息子がシュートを決めて歓喜するサッカーママ(soccer mom)みたいな気分になっちゃった。

「さすが、私の息子!おたくらの子どもとは出来が違うのよ!」みたいな誇らしい気分(笑)

※サッカーマム(Soccer mom)
サッカーマムとは、アメリカで子供にサッカーを習わせる教育熱心なアッパーミドル階級の母親のことを指します。 子どものサッカーの試合を熱心に応援するアメリカ人の親の姿って海外ドラマや映画でよく見るシーンですよね。

このシーンを見たとき、俺のゴールデーンボールは縮み上がり胸辺りまで後退した。

アッシュ:クソジジイ

日本じゃどうか知らないけど、32歳の男をおっさん呼ばわりとはひどい(笑)

>>25
自分がアッシュと同じくらい年の頃は、30歳以上はみんなおっさんに見えたものさ。日本だろうがアメリカだろうが、10代なんてみんな同じようなものだよ。

アッシュ:クソジジイ(Fucking old man.)
マックス:クソガキ(Fucking punk.)


この二人もついに「Fucking」してしまったようだ。特別な絆で結ばれたアッシュとマックス。

マックス!後ろ!

マックスさん、マックスさんのバナナが狙われているよ!

アッシュ:旨くねえ

最後のシーン。ウィスキーのボトルに何て書いてあったか気が付いた?

「酒はハッピーなときにこそ飲むものだ。けっして不幸を忘れたいという理由で飲むものではない」(Drink because you are happy, never because you are miserable.)
※イギリスの作家、G・K・チェスタトンによる評論「異端者の群れ」からの引用と思われます。

第4話全体的な感想や小ネタ

ディノの手下:楽しもうぜ、ハニー

このBLアニメが羨ましい。

百合アニメだとこうはいかない。女の子同士のキスさえめったに見せてくれないし、あってもただ顔を赤らめるだけ。際どいシーンなんて絶望的。

ところがバナナフィッシュときたら、不意打ちキスに毎話のレイプ描写。さらには暴力シーンまである。

不公平だ。

>>30
大切なことを見落としてない?

キャラの年齢。

君が興味があるのは年端も行かない女の子の百合だろ。バナナフィッシュは登場人物は大人の男。少なくとも青年だよ。それに結果的にエロティックに見えるかもしれないけど、意味もないファンサービスとは違うと思うな。

小学生女子の百合をTVアニメでやるのは無理。おとなしく18禁アニメでシコってろってんだ。

登場人物たちがお互いを気にかけ思い合う姿が美しくて、見ていて心が揺さぶられる。たまらない!

舞台を現代に変更した歪が徐々に出てきているなぁ。

そもそもアッシュの兄さんであるグリフィンはどうしてイラク戦争に参加しようと思ったんだ?自ら志願するようなキャラじゃないのに。キャラクター設定と矛盾する。

ベトナム戦争であれば、当時のアメリカには徴兵制度が存在していたので、インテリっぽい人間でさえ、本人の意志に反して徴兵された。望まぬ戦争に参加させられ精神を病み、麻薬に手を出すというプロットも納得できる。

けどイラク戦争であれば自ら入隊を希望した軍人。あるいは民間軍事会社の社員でもなければ、わざわざ戦争に参加する必然がない。

つまり東西冷戦下の世界情勢に翻弄されてしまった人間の悲劇という重要なテーマが抜け落ちてしまっている分、世界観の深みが損なわれてしまっている。

>>33
原作未読なので詳しいことはわからないけど、自分だったらこういう設定にするかな。

現代のアメリカの貧困問題と絡める。

米軍がアメリカの社会保障の代替物になっていて貧しい若者が食いつなぐために仕方なく軍人になった、あるいは除隊後の奨学金目当てに金銭的に余裕のない学生が入隊したみたいな設定。

これなら仕方なく戦争に参加してしまったという理屈が通る。

グリフィンもアッシュも貧しい家庭の出身。兄のグリフィンは弟アッシュのためにも一家の大黒柱になるため、軍人になって生計を立てざるを得なかったとか。

男同士のゲイ描写が苦手だけど作品の雰囲気は好き。吉田秋生でお勧め作品って他にある?

>>35
だったら「海街diary」がお勧めかな。主要登場人物は女性で、男女の恋愛が中心の話だから、一般受けし易くて間口の広い作品だと思う。

>>36
是枝裕和監督が映画化した作品だよね?あれって吉田秋生の漫画が原作だったんだ。知らなかったよ。

映画はすごく良かったから、漫画版も読んでみようかな。

弁護士のジョージって、映画監督の「ジョージ・ルーカス」が元ネタ?似てる気がする(笑)

※参考画像(「スター・ウォーズ」シーリーズの生みの親、ジョージ・ルーカス監督)

この作品のテーマってレイプなんだろうか。毎話レイプする・される・された云々の話ばっかり。少しうんざりしてくる。

>>39
レイプなんて今時の漫画なら普通に描いているでしょ。ただしバナナフィッシュほど真面目に扱っている作品は滅多に見ないけどね。

そのほとんどが、たんなるファンサービスか読者にショックを与えたいだけ。あるいはその両方。

漫画「バナナフィッシュ」のアニメ化にはそうとう心血を注いでいるみたい。制作者の熱意みたいなのが感じられる。

>>41
その通り。熱意あふれるアニメ化プロジェクトだと思う。

名前は忘れたけど、アニプレックスのプロデューサーが元々漫画版「BANANA FISH」の大ファンで、なんとかこの作品をアニメ化できないかと社内でもいろいろ奔走していたみたい。

漫画家・吉田秋生のデビュー40周年記念プロジェクトという形で何とかアニメ化できないかと社内の上役を説得し、ゴーサインを貰った。

他の制作者や出演者も人生のどこかの時期にバナナフィッシュを読んでどっぷりハマったことがあるらしい。

シリーズ構成:瀬古浩司、キャラクターデザイン:林明美、奥村英二役の野島健児、ユーシス役の福山潤、ラオ・イェン・タイ役の斉藤壮馬、スキップ役の 村瀬歩など。

エンディングテーマ曲を担当した「King Gnu」もバナナフィッシュの大ファンで、作品の世界観をベースにして曲を作ったみたい。

監督の内海紘子とアッシュ・リンクス役の内田雄馬は、アニメ化が決まってから原作を読み、虜になったそう。特に監督内海さんは、アッシュとエイジの大ファンだそう(当然か)

原作者である吉田秋生先生がアニメを監修(supervise)していることも付け加えておきたい。(※吉田秋生先生が監修または制作にどのように関与しているかは確認できませんでした。)

アニメ化に対する往年の漫画ファンからの期待やプレッシャーは相当なものだったと思う。けど制作陣の原作漫画に対する熱い思いによって、クオリティーの高いアニメ「BANANA FISH」が誕生したのではないかと思う。

アッシュってエイジに恋心を抱いているのかな?

>>43
このアッシュのセリフをアニメで忠実に再現してくれるだろうか。どんな反応するか楽しみ。

軽いネタバレ

アッシュ:きれいなおねーちゃんならともかく、なんでこんなジジイと・・・

少なくともアッシュは女性を性的な対象にしているようには思う。

[collapse]

>>43
アッシュが好きなのはピカチュウだけ!
※「ポケットモンスター」の主人公サトシは、英語版では「アッシュ」という名前になっています。

2話に一人のペースでアッシュ側の誰かが死んでいくんだが・・・この調子だとアッシュの仲間はみんな死んでいってしまうのかと不安になってくる。

悪人であれ善人であれ誰もがアッシュに引き寄せられていく。

もう何人目だろうか?アッシュを殺そうとあるいは体目当てに近付いてきた人間は。

いつかアッシュには普通の幸せを掴んでほしい。

>>47
マックス:これでお前は一人前のオスとして認められたんだ。

いくら刑務所内で生きていくためとはいえ、マックスが言ったように一人前のオスとしての男らしさを証明しなければ生きていけないアッシュが不憫で仕方がない。

まともな家庭に生まれていれば、そのルックスを最大限に活かして幸せな人生が送れただろうに。カルバン・クラインのモデルにだってなれたはず。

けど彼が生きている世界はあまりに過酷で残酷だ。

そうだね。アッシュならモデルにだって余裕でなれたと思う。

現にアッシュ・リンクスの造形は俳優の故リバー・フェニックスを元にしたらしいから当然といえば当然だね。

左:キアヌ・リーブス 右:リバー・フェニックス、映画「マイ・プライベート・アイダホ」より

 

***
以上となります。


次話、アニメ「BANANA FISH」第5話「死より朝へ」に対する海外の反応はこちら。

  • 海外の反応「BANANA FISH」5話「弱いから泣くんじゃない。悲しいから泣くんだ」









  • 34
    コメント
    ※コメントが反映されないときは、ブラウザのキャッシュをクリアしてみて下さい。
    コメントルール

      通知システム  
    新しい順 古い順 評価の高い順
    通知を受け取る
    名無しのファントムさん

    いつも翻訳ありがとうございます!amazonプライムでこんなに遅れることってあるのか…
    ウィスキーの「酒はハッピーなときにこそ飲むものだ。けっして不幸を忘れたいという理由で飲むものではない」は英語なので見過ごしてました。実際に販売されている物らしいですね。高いらしいです

    例のフォークシーンは個人的に良いオリジナル展開だと感じましたね。男性陣にはきつそうな絵面ですが・・・w

    名無しのファントムさん

    >つまり東西冷戦下の世界情勢に翻弄されてしまった人間の
    >悲劇という重要なテーマが抜け落ちてしまっている分、
    >世界観の深みが損なわれてしまっている。

    原作知らないけどそこまで冷戦に拘った作品なの?

    名無しのファントムさん

    後々そうなっていく。
    あんまり説明するとネタバレになるから、楽しみに見てってくれ。

    名無しのファントムさん

    説明しようと思いましたが、やめます。
    まずは余計な知識なしに楽しんでいただくのがよいと思います。

    名無しのファントムさん

    うーん冷戦は・・・のちに登場するキャラに関係あるかも?
    アニメ化でゲイ描写がややキツくなってる気はするんで、雰囲気が好きって言ってる外人さんは原作読んでほしいな
    もっとドライだしね

    名無しのファントムさん

    いやリバー・フェニックスをモデルにしたんじゃなくてハリウッドで映画化のプロジェクトが持ち上がったときにフェニックスが出演するならOKするって吉田秋生がいったんだよ
    結局死んじゃったんでこのときは流れちゃったんだけど

    名無しのファントムさん

    BANANA FISH がアニメ化するまでにえらく時間が掛かったのって、その辺が関係してるのかな?
    寄生獣がハリウッドでの映画化権が契約期限切れになるまで日本での映画化・アニメ化が出来なかったって聞いたから、似たような事があったのかも。

    名無しのファントムさん

    「俺だって、うまくて飲んでるわけじゃない」が “just shut up and drink” になってたけど、ニュアンス的にはそれで伝わってるのかな。

    名無しのファントムさん

    たぶん合ってる
    直訳だと「黙って飲め」になるけど
    この場合「そんな事は分かってる」みたいなニュアンスも入ってるから

    名無しのファントムさん

    マーディアは初対面の英二に男かと疑われた人だしなぁ~・・・w
    再登場した時にはやたら美人になってたけど

    名無しのファントムさん

    BLだのゲイだのどうのっていう声が多いけど
    この作品の「性」は女性向けのファンサービスなんかじゃくて、相手にマウントするための暴力としての書き方がほとんどだと思うけどね
    女に飢えた囚人たちが線の細い囚人を性的暴行なんてアメドラだとしょっちゅう出てくるし
    大人から暴力によって搾取され続けてきたアッシュのこなれっぷりが一層悲しく映る

    名無しのファントムさん

    「オレはアンタ等みたいな男を扱うのは慣れてるんだ」
    この台詞にどれほどの重みを感じるかって話だな、コレは軽いBLアニメじゃないよと伝えてくれてる

    気掛かりなのは指摘があるようにグリフがわざわざ志願兵でイラクに出向いて勝手に病んで薬に手を出して狂った間抜け野郎としか映らんのよな・・・
    諸々の事情を取っ払っても、それでも、心優しい男が小さい弟を残して自ら好き好んで戦場に赴いたって部分は拭えないんだよな・・・

    どうでもいいけどサッカーマムの行でサウスパークの子供野球に子供より観戦してる親が熱狂してるエピソードをを思い出したわ

    名無しのファントムさん

    イラク云々も大学の奨学金返済のためとかいろいろあるよ
    志願と言いながら、貧困層は軍人にならなきゃ人生が拓けない巧妙なシステムになってたりする。
    アッシュもグリフがいなきゃ飢え死にしてたというくらいには貧しい生まれだからね

    もちろん10歳で大学が狙えるくらい頭がいいとか
    プロスポーツ選手になれる才能があるとか、貧しくても特別な人は特別な奨学金がもらえたりするのもアメリカだけど…
    アッシュとグリフの生まれが逆ならワンチャンあったんだろうけどなあ。

    名無しのファントムさん

    ビジュアル的にはともかくショーターの髪型も改悪じゃないかな
    元々スキンヘッドにするのはマークされてる事への自衛を意味する変装も兼ねてたんだしさ

    名無しのファントムさん

    そもそも湾岸はアメリカにとって勝ち戦だったわけで、その辺のギャップがね
    今回、マックスが「弱者を食い物にするような奴は許さない」的なことを言ってるけど、湾岸戦争はアメリカ人にとってはまさに「弱者を食い物にするフセインの圧政」を叩きのめすことに成功した体験なわけで、失敗したベトナムとは違う。ベトナムの失敗で「あれ?俺たち間違っていた?」と思うアメリカ人とあくまでも間違ってないとするアメリカ人が生まれたわけだ。いずれにしろ「敵」を喪失してしまったその失敗の延長線上に冷戦構造があり、バナナフィッシュはその時代を背景にしていた
    スパイものは冷戦構造が支えていたってよく言われるけど、スパイものではないけれどこの作品もそうだった
    湾岸戦争後にしたことで致命的に失敗するとは思わないけれど、せっかくの面白いモチーフ、話のネタを捨て去ったことは間違いない。より一般論で「戦争って悪いよねー」的な

    名無しのファントムさん

    これって湾岸戦争?イラクじゃない?

    名無しのファントムさん

    アニメ内でもイラク戦争といっています。

    名無しのファントムさん

    Wikiで調べたけどイラク戦争後を舞台にしているっぽいね。
    >劇中時間が現代(2018年頃)に変更されている。その為
    >グリフィンやマックスはベトナム戦争ではなく、イラク戦争の帰還兵となっている。

    イラク戦争は2003年から始まって、2018年でアッシュが17歳ということは
    アッシュが2歳の頃にグリフィンはイラクの戦場に行った可能性が高い。もしくは
    アッシュが7歳の頃だと2008年になるので、その頃がグリフィンがイラクでの
    活動時期に計算機で使うとなる。ただ翻訳注意報でも指摘されたけど、マックスの
    回想シーンで出てきた戦闘機の映像が湾岸戦争のものだったらしく、欧米人の間で
    イラク戦争じゃなくて湾岸戦争をモデルにしていると誤解されているみたいだね。
    なんで湾岸戦争の写真を使ったのかは謎だけど。

    名無しのファントムさん

    もし2009年に軍隊へ行ったのなら理由にリーマンショックが挙げられるんだがな。あれで経済的に破綻した家庭も多かったはず。
    元々貧困家庭だったなら、さらに困窮して軍隊へ…ってのは設定的にありそう。
    でも外国人コメントではあまりその話が出てこないみたいだね。

    名無しのファントムさん

    もしかしたらアメリカ人の間では避けているかもしれない。
    日本で例えると福島原発に近いくらいタブーになっているのが
    ブッシュ政権が起こしたアフガン・イラク戦争。アメリカ人は
    過去の日本やドイツを責めるけど、ベトナム戦争などは避ける
    傾向が強い。ハリウッド映画では海外向けで作られているけど、
    ベトナム戦争のゲームがあまり出てこないのはそれ。第二次世界大戦は
    アメリカにとって誇れるが、自分たちが悪だと明確に分かるのは嫌なんだろう。

    名無しのファントムさん

    普通にアメリカの不良の日常って大体こんなもんだと思ってた…

    名無しのファントムさん

    「吉田秋生」も「BANANA FISH」も名前は聞いたことあるけど、作品は読んだことなかった。
    こんな絵柄の漫画だったんだ
    いい機会だったよ

    名無しのファントムさん

    31…言われてみれば青年や壮年の百合アニメってあんま見かけないな
    44…特に必要の無いセリフ、明らかカットだろ

    名無しのファントムさん

    BLは今もあんまり食指が動かないし、
    当時読んでた頃は、真面目に同性愛取り扱った作品も
    実際のそういう事件や情報等よく分からんまま読んでたから、
    ショックで受け入れ辛かった。
    読み切ってしまうとそんな最初の間口問題等、
    すっ飛んでしまった。

    昔はあしでまといな英ちゃんにいらいらしていたが
    大人になってみると人は能力や美貌に憧れるものではあるけど、本当にピュアで善良な人間性には救われるものなんだな・・・と
    実感してる。
    そういう人に出会ってしまうと同性異性関係ない。

    名無しのファントムさん

    「Lの世界」ってゆービアンがテーマの実体験を元にした米ドラマがあって、途中で女性刑務所に入る描写があるんだけど、「石けんを落とすな(襲われる)」って忠告されてて、え、女も女にレイプされるの?なんで石けん?・・・て思って調べたら、元は男性刑務所に入る人用によく使われる表現だった。石けん拾う時肛門丸見えで犯されやすくなるし目立つぞっていう。

    それで本当に襲われかけるってシーンがあったのは想定内として、イイオンナ風だが割と歳いってるぞって女性が面会に現れた時に、檻の中の女性達が大勢「ひゅーひゅーかわいこちゃん!」ってはやし立てる世界観で、突き抜けてんな~~と感心した。

    もちろんドラマの誇張もあるとは思うけど、アメリカじゃ肉食の世界は女ですらこんな表現なんかーと印象に残ったので、男性刑務所ならもっと酷い描写でもそりゃあそうかと思ってしまう・・・

    名無しのファントムさん

    ドラマといえど恐ろしいなw
    男だろうが女だろうが、刑務所という狭い世界での上下関係によるマウント行為っつーのは現代でもまぁ定番なんだろう

    名無しのファントムさん

    レイプ話にウンザリするって言われても、刑務所にいる時点で避けられない話題なんだから仕方ないだろ

    特にアメリカの刑務所では、服役中の10人に1人がレイプされてるって統計があるんだし。しかも被害者のほとんどが青年。

    名無しのファントムさん

    恐ろしい事に軍隊でもありがちというね
    しかも加害者が上官だと、被害者が上に訴えても相手にされなかったり、「男らしい」軍隊でそんなことが起こる筈がないと信じてももらえなかったり、
    繰り返し襲われ精神的におかしくなり除隊となってもトラウマが残り…
    的な話も聞く

    名無しのファントムさん

    レイプの酷いけど、リンチもあるし、酷い場合は死ぬ
    死ねば刑務所内でも殺人のはずなんだけど、なぜか問題にされない
    その点日本とは全く違う
    刑務所がこんなにひどいところなら、入ったら更生するどころか、さらに悪党になって出てくる

    名無しのファントムさん

    伊部さんの台詞って「何が自由の国だ!笑わせんな!」だったのか。
    「何が銃の国だ」って言ったんだと思ってた。

    名無しのファントムさん

    アメリカ=自由の国と言うテンプレがあるのですよ

    名無しのファントムさん

    アッシュとリバーフェニックスは確かに似ているけど、周りが言っているだけで、作者本人がモデルにしたとは言ってない

    名無しのファントムさん

    お礼を言うのが遅れましたが翻訳いつもありがとうございます!!
    みんな読みが深いし予想が当たってて吃驚することがある。
    アニメでは「クズどもに認められても嬉しくねぇ」になってたけど
    原作ではアッシュが「一回刑務所内でオンナにされると(レイプされると)それだけで陰口叩かれたり軽蔑されるからよくやった」みたいなことを言ったマックスに対して
    「オレはクズどもに軽蔑されても痛くもかゆくもねぇよ」って返すんだよね。
    あの台詞は最高だから変更して欲しくなかったけど尺の関係だな。

    今は分からないだろうけどなんでこんなに沢山レイプされるのかは作品のメッセージそのものに繋がるからなんだよ…。

    名無しのファントムさん

    バナナフィッシュははるか昔に見て、ほとんどストーリー忘れていたけど、今回しおらしい演技をしているアッシュを見て思ったのは「吉祥天女」の小夜子に似ているなと