海外の反応「ゲゲゲの鬼太郎」2話「戦慄!見上げ入道」

海外の反応「ゲゲゲの鬼太郎」2話「戦慄!見上げ入道」

アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」6期2話「戦慄!見上げ入道」に対する海外の反応を翻訳してまとめました。

海外アニメファン「ねこ娘のツンデレお姉さん化こそ、至福」


前回、アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」6期1話「妖怪が目覚めた日」に対する海外の反応はこちら

参考:1-2-SNSなど

第2話予告動画

ゲゲゲの鬼太郎 第2話予告 「戦慄!見上げ入道」

アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」第2話「戦慄!見上げ入道」に対する外国人の評価と感想

ねずみ男:小便で流してやろうか。ほれほれほれ!

まさか小学生向けのアニメで大人の「Golden shower」プレイを見せられることになるとは。

※英語「Golden shower」
golden showerは俗語で「放尿」という意味があります。「give 対象 a golden shower」という使い方で「対象に小便をかける」という意味になります。

このシーンでは、ねずみ男が見上げ入道に放尿するという意味と、見上げ入道が封印を解いてくれたお礼に「金塊」(gold ingot)を与えるというダブルミーニングになっています。

見上げ入道:どうだ?計画通りか?

見上げ入道(or見越し入道)だけど、自分が前に読んだ怪談話とは少し設定が違ってたのが気になった。

目は一つじゃなくて二つ合ったし、空気を操ったり、背が高くなる能力も無かったはず。

少なくとも江戸時代の見越し入道は、ろくろ首のように首をにょろにょろと伸ばして、神輿みたいな乗り物を召喚する術を唱えることができた。格好や見越し入道の倒し方などの共通点はあるもののいろいろと改変しているよう。

ひょっとしたら地方によって伝承が異なっているだけかもしれないけどね。

ねこ娘登場!
しかもこれほどまでに典型的なツンデレ娘になってしまうとは。時代の流れを感じるよ。
凶悪犯罪の増加が叫ばれる中、警察官の防弾チョッキは、みなご先祖様の髪で編み込まれたちゃんちゃんこに置き換わっていくのかもしれないね。

妖怪に小便をかけるだけで金塊を貰えるって?どこかに小便をかけれそうな妖怪はいませんかね? ベストガールを巡る女の戦いの火蓋は切って落とされた。
アニメの進行役兼解説役としてこんな便利なキャラクターはいないかも。
ツンデレお姉さんこそ、至福。

全体としては、見上げ入道の個性的なキャラデザインも含めて楽しく見れたかな。来週もまなちゃんとねこ娘がたっぷり見られますように!

ねこ娘はこんな萌え萌えツンデレ娘にするべきじゃなかったのに。今のアニメは萌えっ子を入れないといけない法律でもあるのか!

ゲゲゲの鬼太郎は、萌アニメとは対極に位置する日本の伝統的な芸術アニメだったのに。

>>4
勉強不足を恥じたほうがいいよ。

ゲゲゲの鬼太郎は3期、4期あたりですでに萌えの要素は入ってたから。お門違いの批判だと思う。単に2,30年前は「萌え」って言葉がなかっただけで、表現としてはすでに存在してたんだ。

1期の白黒時代の頃からねこ娘は可愛いな~

中学生女子の携帯ケースが仏像の顔とか良い趣味してるな(笑)

ねずみ男:秋村さんですよね?

この音楽プロデューサーが、AKB48の秋元康をパロってることに気が付いたのはオレだけかな。見た目は違うけど、名前が「Akimura」と「Akimoto」でそっくり。

アニオタ兼アイドルオタクでもある自分だから分かったネタ(笑)

妖怪の英名で英語のお勉強

個人的に妖怪の英語名が面白かったので一部ですが紹介します。

  • 鬼太郎:Kitaro
  • そのままでした。固有名詞ですからね。

  • 目玉の親父:Daddy Eyeball
  • daddyは、父親(father)を親しみを込めて呼びかける時に使う表現。日本語で言う「パパ」。eyeballはそのまま「目玉」という意味。
    全体を直訳すると「目玉のパパ」

  • 子泣きじじい:Old Man Crybaby
  • old manは「老人、じいさん」。crybabyは「泣き虫」、あるいは「ちょっとしたことで不満や愚痴をこぼす人」を指す表現。
    全体を直訳すると「泣き虫じいさん」

  • 砂かけばばあ:Sand Witch
  • sandは「砂」で、witch「魔女」。おそらく軽食「サンドイッチ(sandwich)」とのダジャレにもなっているかと。
    全体を直訳すると「砂魔女」

  • いったんもめん:Even Rollo Cloth
  • evenは「平らな、すべすべした」。rolloは本来英語にはない表現ですが、おそらくroll「くるくる巻く」を擬音語っぽく、あるいは幼児語っぽく変化させたものと推測します。clothは「布」
    全体を直訳すると「すべすべくるくる布」

  • ぬりかべ:Wally Wall
  • wallyは俗語で「ばかな、間抜けな」という意味があります。それとwall「壁」との語呂合わせも含めてWally Wallになったのではないかと思います。

  • ねずみ男:Rat Man
  • そのままです。

  • ねこ娘:CatChick
  • Chickは元々は「ひな鳥、こども」という意味で使われていましたが、現代では男性が少し性的な意味を込めて、「若い女性」を指す時に使われる表現です。
    Look at that chick! She is really hot.
    「おい、あの女を見てみろよ。めっちゃエロいね」

    「ねこ娘」の訳語を、従来の「Catgirl」ではなく、「Catchick」に改変する意味が分からん!違和感ありまくり!

    しかも最後のまなちゃんの「ねこ姐さん!」というセリフも上手く意図を汲んだ英語になってなかったし。大丈夫なのか、今期のゲゲゲの鬼太郎は・・・

    >>8
    今エピソードの字幕翻訳はひどいものがあったな。

    Catchick
    Catchick-san
    そして極めつけは、マナのセリフ「ねこ姐さん」の英訳が・・・

    Cat-sanって! ねこ娘:ねこ・・・姐さん?

     

    ***
    以上となります。

    アメリカ「クランチロール」で海外同時配信中の「ゲゲゲの鬼太郎は」ですが、2話は予想通りというか、ねこ娘さんについてのコメントばかりでした。これでも他の反応を拾ったつもりなんです(笑)

    アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」6期3話「たんたん坊の妖怪城」に対する海外の反応はこちら。

  • 海外の反応「ゲゲゲの鬼太郎」3話「たんたん坊の妖怪城」









  • 7
    コメント
    ※コメントが反映されないときは、ブラウザのキャッシュをクリアしてみて下さい。
    コメントルール

      通知システム  
    新しい順 古い順 評価の高い順
    通知を受け取る
    名無しのファントムさん

    原作の猫娘は妖怪に取り付かれた女の子で、最終的に自殺して終わる

    名無しのファントムさん

    >子泣きじじい:Old Man Crybaby

    カッケーw
    Old Man North-North(キタキタオヤジ)を思い出したw

    名無しのファントムさん

    田中圭一の入道を思い出してフイた

    名無しのファントムさん

    まあ、英語みたいな良くも悪くも簡略化しすぎた言語だと日本語を訳すのは難しいわな

    名無しのファントムさん

    失礼ながらなんで鬼太郎なんて扱うんだなんて思ったんですが、けっこう面白い内容になるんですね

    名無しのファントムさん

    猫姉さんは可愛いからな…しょうがない

    名無しのファントムさん

    原作1期の良さがわかるとは、シコ娘とかいってはぁはぁしてるお前らとは違うな。