外国人「アニメや漫画から学んだ教訓ってある?」(海外の反応)

外国人「アニメや漫画から学んだ教訓ってある?」(海外の反応)

世界の人々がアニメや漫画を通して得た哲学や教訓を紹介し合ったスレッドを翻訳してまとめました。

外国人がアニメで出会った名言や名シーンから学んだ人生において大切なこととは?

参考:4chan

外国人「アニメや漫画から多くの人生哲学や教訓を学んだ」(海外の反応)

(スレ主

自分にとってアニメが教えてくれた大切な人生哲学はこれ。
「子どもにそそられる大人はいない」 「大人が子どもにそそられるわけがない」

>>1
いきなり、こんなゴミ屑みたいなアニメを持ち出すとは。
(※アニメ「俺たちに翼はない」)

「同性愛は間違っている」 「同性愛は間違っている」

「この世で唯一不変の正義・・・それは、かわいいだ!かわいいは正義!」
(※「ノーゲーム・ノーライフ」より) 「この世で唯一不変の正義・・・それは、かわいいだ!かわいいは正義!」

>>4
2期続編の決定はまだか!

ハーレムアニメで学んだことは、「どうしようもないクズでも、女は寄ってくる。(ただし主人公なら)」だな。

>>6
あきらめるな!
おまえはおまえの人生の主人公じゃないか!

「幸せは掴みかけたと思ったら、いつも遠くへ行ってしまう」 「幸せは掴みかけたと思ったら、いつも遠くへ行ってしまう」

ミサト:あなたのことをいたわり、理解できるのは、あなた自身しかいないのよ。
レイ:だから、自分を大事にしなさい。 あなたのことをいたわり、理解できるのは、あなた自身しかいないのよ。

>>9
TV版の最終話「世界の中心でアイを叫んだけもの」
当時は結構批判されたけど、今見たら、そんなに言われるほど悪くない。

目玉の親父:妖怪いそがしに取り憑かれると、無駄なやる気に満ち溢れてエネルギーを持て余し、じっとしていることができなくなるんじゃ。

妖怪いそがし:わしが人間に何かしたじゃと?とんだ言いがかりじゃ!わしも昔はいろんな人間に取り憑いて楽しんではいたが、今はわざわざそんなこともする必要もない。みんな忙しい、忙しいと働き詰めの世の中じゃからのお。ま、今の世の中、わしのような妖怪はもう必要なくなってしまったのかもしれんのう。

目玉の親父:「忙しい」という漢字は「心を亡くす」と書く。妖怪いそがしに取り付かれなくとも、心を亡くしてしまった人間は優しさや慈愛を忘れ、死ぬまで働き続けるということじゃなあ。 妖怪いそがしに取り憑かれると、無駄なやる気に満ち溢れてエネルギーを持て余し、じっとしていることができなくなるんじゃ。

馬車馬のように働く自分には心に刺さるセリフだ。

産業革命がすべての元凶。人間は労働奴隷に成り下がってしまった。

>>11
そして悲しいことに、この鬼太郎の話を見た子どもの多くが大人になったら社畜になってしまうという・・・

>>14
>大人になったら社畜になってしまう

「なってしまう」んじゃない。社畜に「ならなければ」まともに生きていけない社会なんだよ、日本は。

>>15
俺たち、アメリカ人も他人事じゃない。最近のアメリカは日本よりも労働時間が長いという統計も出てたはず。

「ドラマには起承転結があって、感情の爆発があって、結末があります。僕らの日常は、いつまでもいつまでも薄らぼんやりした不安に満たされているだけです」
(※「NHKにようこそ!」より) 人生にクライマックスはない

「奴は殺しても死ぬようなタマじゃない」 殺しても死なない

※日本語「殺しても死なない」という表現

アニメや漫画でよく耳にする日本人にはおなじみのセリフ「あいつは殺しても死ぬような奴じゃない」「死んでも死なない」。英語にすると、「He wouldn't die even if we killed him.」

これらは英語圏の人間にはかなり違和感のある表現のようです。「殺したら、そいつは死んでいるのだから、死んでないわけがない」と考え、明らかに矛盾していて、意味不明と感じるようです。

例えば、他にも「ご飯を炊いたのに、炊けてなかった」(I boiled rice, but it didn't)などは日本語的には何ら違和感のない表現ですが、外国人にとっては、「炊いたのに、炊けてないとはどいうことだ???」となるようです。

このように英語という言語には馴染みのない言い回しのため、この日本語表現が出ると喜々として画面をキャプチャしたり、ニタリとする海外アニメファンがいます。

例えれば、日本人がハリウッド映画の日本語には無い英語独特のセリフ回しを聞いて、面白いと感じる感覚に似ているのかもしれません。

「楽しいは楽しいだよ」
(※「けいおん!」より)

Fun things are fun

>>19
嘘つき!俺の人生全然楽しくない!

>>19
そのほっぺのコブはどうした???

>>19
「かわいいは楽しいだよ」 カワイイは楽しい

「ワイフ多ければ、身を滅ぼす」(More than one waifu, you'll lose your laifu.)

>>23
これはマジ。艦これで破産した俺が言うんだから、間違いない。

会長:努力した者が全て報われるとは限らん。 しかし! 成功した者は皆すべからく努力しておる。 努力が報われるとは限らん

父ちゃんが残してくれた遺産で人生イージーモードのボンボンに言ってやりたい台詞。

>>26
ボンボンだって、生まれる前に卵子と出会うために必死に頑張って競争したんだけどな。

>>26
世間知らずだ。遺産を維持するのにどれだけの努力が必要か知ってる?お金の使い方を少しでも誤れば、あっという間に破産するのがアメリカだよ。

「ロマンチック・ラブは、資本主義を拡大する為の罠なんです!」(※「NHKにようこそ!」より) ロマンチック・ラブは、資本主義を拡大する為の罠なんです!

今流行りのインセル(※非モテを拗らせ社会に恨みを持つ人)の走りはコイツだったのかも。

アニメで学んだこと:
「匿名掲示板を信じた私が馬鹿だったよ!」 匿名掲示板を信じた私が馬鹿だったよ

 

***
以上となります。

翻訳し終わって気付いたけど、これアニメで学んだ教訓っていうより、アニメ名言集になっていた・・・

名言で言うと「誰かが誰かより辛いなんて、嘘だ!誰だって、同じくらい辛いんだ!!」や「本当に苦しかったら、人間はそこから抜け出す為に必死になる!! 抜け出さなかったのは、姉ちゃんは不幸に気持ちよく浸ってただけじゃないの?そんな奴にどうして、同情してくれるのさ!」とかは心に残っています。

「十二国記」からはいろんな大切なことを学びました。

続刊待ってます!










コメント欄

  • Comments ( 7 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 名無しのファントムさん

    なかなか面白いコメントがあるね
    鬼太郎でコメントしてる人がいて驚いた
    外国人には分かりづらい内容だと思うんだけどな

    それはそうと、ここコメント欄の存在が分かり難い気がする

  2. By 名無しのファントムさん

    >He wouldn’t die even if we killed him.
    これは流石に直訳過ぎるな。少し変えるとしたら「He wouldn’t die even if we try to kill him.」の方が良いのかね?

  3. By 名無しのファントムさん

    切っても切れない仲、みたいなのが元なのかな
    まず縁っていう概念があって、そこからの派生になるから馴染みがないんだろうね

  4. By 名無しのファントムさん

    ミームにもなった?「人は殺されれば死ぬ」も、そこだけ取り上げたら日本人でも不自然というか面白くも見えてくると言うか。

    あと、他人が楽しんでいるのを見ると、まったく詳しくない自分までもが何となく楽しくなってくるという感覚かも知れない。
    All Your base is belong to us的な。

  5. By 名無しのファントムさん

    殺しても死なない、みたいな言い回しは自分も子供の頃はじめて聞いた時は
    ???と思った記憶がある
    そういう習慣のない地域では違和感あるというのは理解できる

  6. By 名無しのファントムさん

    ソラメちゃん観てる外人いたんだw

  7. By 名無しのファントムさん

    日本アニメは外人専用・メインに作ってるわけじゃないんだから
    別に私達日本側がいちいち外人たちの感性・常識に合わせる必要
    無いと思うんだけど??
    日本独自の感性を無くして世界で売れることしか考えず、簡単な表現
    文法・感情の作品なんて作ったらそれはもう日本のアニメでは
    なくなるし逆に私達日本人にとってどの作品も深みとか考察したく
    なるような好奇心を殺されてしまうけど…それでもアメリカ(英語)より
    にしなきゃ駄目なの?必要性まーったくなさ過ぎ。

    勝手にそれぞれの国の連中が理解できるように適当に翻訳すればいいだけでしょ。
    そもそも日本人が日本のアニメを作ってんだから…
    アニメ見る外人連中は自国のアニメ業界にお布施でもして自分たちの
    いいように(馬鹿でも理解できる簡単な言葉しか使わない物語)を
    作って勝手に自国で垂れ流してりゃいいだけでしょ。ほんといちいち
    外人ってうざいし面倒くさいわー(というか別に日本のアニメ見なくていいから)